TOPオレたちゴチャ・まぜっ! ≫ ノブコブ徳井、「蒙古タンメン中本」はゴールデンタイムで視聴率をとれるため取材が引く手あまたと明かす「数字が良い」

ノブコブ徳井、「蒙古タンメン中本」はゴールデンタイムで視聴率をとれるため取材が引く手あまたと明かす「数字が良い」

2017.03.07 (Tue)
2017年3月4日放送の毎日放送MBSラジオのラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ』(毎週金 25:50-)にて、平成ノブシコブシ・徳井健太が、「蒙古タンメン中本」は視聴率が良いため、取材が引く手あまたであると明かしていた。

平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント 今宵の主役はどっちだ
平成ノブシコブシ 初・単独ライブDVD 御コント ~今宵の主役はどっちだ~

徳井健太:凄いちゃんとしているんですよ。最近、テレビでもよくやっているじゃないですか、中本って。やっているんですよ。

有野晋哉:えっ?(笑)

徳井健太:情報番組で。

有野晋哉:全然見ぃひんで。『王様のブランチ』とかで、全然出てこない。

徳井健太:もうちょっと、ゴールデンタイムの。

有野晋哉:へぇ。大体、ラーメン次郎やん。

徳井健太:ラーメン次郎、ああ、そうですね。

有野晋哉:大盛りが凄い。

徳井健太:そうですね、「増し増し」とかですよね。

有野晋哉:うん。

徳井健太:数字が良いんですって、ここだけの話、中本は凄い視聴率が。

有野晋哉:へぇ。

徳井健太:引く手あまたでやるんですけど、そういう中でも、やっぱりしょうがないテレビのシステムですけど、やるじゃないですか。「うわっ、辛そう」みたいな。

有野晋哉:普通のラーメンの方が美味しいのに。

徳井健太:そうなんですよ。

有野晋哉:辛いのばっかり。

徳井健太:悔しいんですよ、何って言うんですか、日本の文化というんですか。

有野晋哉:「魂を食べたらエエのに」と。

徳井健太:ええ。だから、俺があの場にいたら、そんなリアクション1つもしないで、もう別に普通に「美味そうだね」と。オファー、来ないですけどね、全く。

有野晋哉:全く。2回目呼ばれへん(笑)

徳井健太:もちろん、もちろん(笑)でも、ウソをつきたくないから。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:俺が行ったら、絶対に「辛い」と言わないし、「美味い。やっぱり美味い」と言いたいくらい。テレビの仕事が減っても良いくらい、好きな食べ物ってあまりないじゃないですか。

有野晋哉:ない、ない。

徳井健太:ないですよね。「呼ばれなくても良い」と思っているんですから、俺、別にそんなんだったら、もう。

有野晋哉:俺は好きで行くけど、「仕事でこの顔をしておいた方がエエやろ」と。

徳井健太:思いますよね、普通。

有野晋哉:うん。

徳井健太:そんなの思いたくないくらいな食べ物って、あんまりないじゃないですか。

有野晋哉:ない。

徳井健太:それがあるんですよ、これが。

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:何人も僕、知っていますから、そういう人を。

有野晋哉:それはじゃあ、俺が行っても、「これやったら俺、家で出前一丁でも良かったかな」って言ってもいいの?(笑)

徳井健太:まぁ、思わないでしょうね。そんな人間は、いないと思います。

有野晋哉:そんなに自信があるの?

徳井健太:まぁ、俺が作っているわけではないんで、あれですけど(笑)

有野晋哉:はっはっはっ(笑)

徳井健太:今まで俺が紹介してきた中で、まず「マズイ」って言った人がいないというのと、辛いのが苦手でも、味噌タンメンというのを食べていただこうと思うんですけど。

有野晋哉:えっ!?その日の気分で、俺、メニュー決められへんの?(笑)

徳井健太:決められないですね。

有野晋哉:徳井先生が決めるの?

徳井健太:ゼロはあるんですよ、ゼロ。ゼロ醤油タンメン。

有野晋哉:ゼロ辛?

徳井健太:はい。これはもう、ウチの子供も、ペロリと食べるようなやつで。これは美味いのは分かるんです。でも、ちょっとやっぱり辛い方が良いじゃないですか。

有野晋哉:ちょっとな。

徳井健太:せっかくなら。だから、ちょっと辛いと味噌タンメンになるんですよ。これは本当に、「辛いの嫌いなんだ」と言っていた奴が、全員食べられてきた食べ物なので。

有野晋哉:俺、スンドゥブ屋さんに行って、ノーマルが3辛だと言われても、2で行くよ。

徳井健太:ああ、大丈夫です、大丈夫です。もう食べられないと言っている人が、食べていましたから。これは何度も見ました。

有野晋哉:あ、そう?

徳井健太:みんな言うのは、「これか。だったら、もうちょっと行けるかな?」って、みんな言うんですよ。その次に出てくるのが、麻婆。からし麻婆っていうのがあるんですけど、これが辛いんですよ、正直なところ。

有野晋哉:うん、うん。

徳井健太:これを定食と言って頼むんですけど、これが辛くて食べられないから、みんな悩むんで。このからし麻婆を、ちょっとずつその味噌タンメン、ちょい辛のやつに入れるというのがまぁ、ベストですね。

有野晋哉:へぇ。

徳井健太:からしを混ぜていく、みたいな。

有野晋哉:好きな辛さにしていくっていうこと?

徳井健太:自分なりに。

有野晋哉:おっ、美味いな、と。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 平成ノブシコブシ,徳井健太,蒙古タンメン中本,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

本日の注目記事