TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「NEWラブプラスのスゴさ」

伊集院光が語る「NEWラブプラスのスゴさ」

2011.05.17 (Tue)
2011年05月16日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、今年秋に発売予定であるNintendo3DSソフト『NEWラブプラス』について語られていた。

「ファミ通に、NEWラブプラスの記事が掲載されててさ。ラブプラスって、ギャルゲー…っていったら怒られるのかな。恋愛シミュレーションの究極形みたいなヤツで。DSの中に架空の彼女がいてさ、その彼女を自分の彼女として接していく、みたいな。デートの約束をすっぽかすと、本当に怒られちゃったりする。その彼女を連れて、旅行に行く人もいるっていうのを、割とテレビのニュースとかも『こりゃ面白い』って取り上げたりして」

「でも、普通にラブプラスしている人もいるけどね(笑)旅行行かない人も、多いと思うけどねって見てたんですけどね。それで、NEWラブプラスってヤツの記事が出てて。新しい機能がいっぱい付いて。3DSになって、新しい機能が付いたんですよってことなんだけど、それで一つすごいなって思ったことがあったんですけどね」

「3DSって、俺の中では3Dになってることを売りにしてるのは間違ってるのね。だって、3DSに何歳以下の方は3DSの機能を使うなって書いてあるんですよ。ということは、逆に言えば、3Dを使った謎解きとか無いってことじゃん。3Dを使わなければ愉しめないものは、入れ込めないってことだったりするわけだから、3Dってのは俺にいわせりゃ、虚仮威しで、それがそんなに必要だと思わないわけ…2分ほどギャグは無いね(笑)」

「それで、あのカメラの性能とかは結構なものがあるわけですよ。あとは、すれ違い通信の機能の強化とかね。カメラは、あのカメラに映ったものの個体を判別できるらしいの。だから、今度の新しいラブプラスは、俺の彼女、ゲームの中の俺の彼女である、ドドメウシちゃん(笑)ドドメウシちゃんと、スゴイ仲良くなってるとするじゃん」

「そうすると、この前で笑っている構成作家の渡辺くんとかが、愛情もないのに『ちょっとやらせて』って言ってくると、『ギャラクシアンとかじゃねぇんだからよ』って思うワケですよ。こっちは。『ギャラクシアンですら、やらせたくないよ』って思うのに、俺のドドメウシちゃんを見たり、イジったりするとするじゃないですか。俺が目を外した隙に、チン○コを画面にグイグイ押しつけてたりするでしょ(笑)他人にラブプラスをイジられちゃうのイヤじゃないですか」

「デートの約束とかをするのに、勝手にやられちゃイヤだから、どうやら、顔認識を使って俺にしか起動できない、みたいな機能が付いたみたいなんですよ。そのインタビューが載ってて。それってスゴイじゃん。よく考えてるなって思って。それに、そうじゃなきゃイケナイなって思って。ただのプログラムだと思ってれば、誰が起動しようが触ろうが良いし、セーブしたところに戻せば良いんじゃないかって思うんですけど。でも、彼女として楽しんで欲しいって思って作ってるのなら、やっぱり知らない男にでも普通にできちゃうのはイヤだから、俺が見たときしか反応しないようにして欲しいわけですよね」

「俺のドドメウシちゃんが、勝手に起動されちゃうのはイヤですよ。それを作ったのは素晴らしいですよね。…あと、記事を読んでったら、お友達に紹介する機能っていうのが付いてて(笑)それは、自分の彼女、ドドメウシちゃんがいるとするでしょ。それで、目の前にいる構成作家の渡辺くんに『実は、ずっと付き合ってるんだけど…ドドメウシちゃんっていうんだ』って、3DSを見せるんですよ。すると、その渡辺を覚えるらしいんですよ」

さらに、以下のように語っていた。

「それで、スゲェことになってるな、テクノロジーって思ったのは、何回目に会ってる、久しぶりに会ってる、初めて会った、って別々の対応をするらしいのよ。彼氏の友達に会ったときに言いそうなことってあるじゃないですか。『これ、僕の友達の渡辺くんなんだ』って紹介すると、『渡辺さんって、ゴミクズみたいな顔だね』とかって言うじゃん(笑)ドドメウシちゃんが」

「『古着屋さんで売ってたから古着ってことになってるけど、これってセーターっていうよりも毛玉だね…そんな顔してるね、渡辺くん』とか(笑)久々に会うと『相変わらずキモイね』とかって言ってくるんですって。…ホント言うと『初めまして、○○です』とかって言ったりとか、もっと言うと、『渡辺さんって、タレントの○○さんに似てますね』とかって言ってくるんですって」

「渡辺くんで言えば、『渡辺さんって、森永卓郎が学歴を積み損なったみたいな顔してますね』って言うんですよ(笑)それは、俺が日頃から思ってるヤツだけど。むしろ、森永卓郎さんに会う度に、『構成作家の渡辺くんが、学歴を積んだ顔してるな』って思うんですよ。8年目で大学を除籍にならなかった顔だなって…未だに内緒なの?親戚とかに。もう良いじゃん、そんなの。ほぼタブー無い番組なのに、それだけタブーって何?この番組(笑)北海道の親戚が聞いてるから、じゃねぇよ(笑)」

「さらに、『自分の彼女を両親に会わせるモード』っていうのがあるらしいのね(笑)自分のお袋とかにだよ?おもむろに3DSをパカッと開けて、『会わせたい人がいるんだ』って言うのよ?ド心配~ド心配だと思うんですけど(笑)」

「すごくない?それスゴイよね。思うんだけど、俺は一応、ビッグバンがあったお陰で結婚してますので、自分のカミさんを両親に会わせるって作業をしましたけど、多分、今からNEWラブプラスを始めてですよ、お袋と親父に会わせる方が、倍以上緊張すると思いますよ(笑)」

「まして恋愛シミュレーションだから、本当の恋愛より単純、簡単って言われがちじゃん。対人間より簡単だって言われると思うけど、両親に会わせるっていう作業だけは、絶対、ラブプラスの方が難しいと思うんだよね。どうだろう、その機能。要るかな?(笑)」

「自分でやってるゲームで収まったり、最悪、友達同士でやってて、ダブルデートみたいな形でやってるのは良いと思うけど…自分の親友にラブプラスの彼女を紹介するっていうのは良いけど、だって両親なんてまず、3Dだってことにビックリしちゃうよ?(笑)」

「最近のゲームは3Dなんだってことにビックリして、次には『ドドメウシちゃんって子なの?』ってことにビックリしちゃいますよ(笑)それで、『私にどうしろって言うの?』ってあるじゃないですか。しかし、ゲームはくるところまできたなって思ったね」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「ニンテンドー3DSの感想」

伊集院光が語る「DSゲーム・二ノ国の感想」

伊集院光「Haloの天才のスゴさ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ラブプラス,Nintendo3DS,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事