TOP高田文夫のラジオビバリー昼ズ ≫ 清水ミチコ、映画『ラ・ラ・ランド』のオープニングシーンに「5万円払ってもいい」と絶賛「これ、なに?!」

清水ミチコ、映画『ラ・ラ・ランド』のオープニングシーンに「5万円払ってもいい」と絶賛「これ、なに?!」

2017.03.05 (Sun)
2017年3月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、ものまねタレントの清水ミチコが、映画『ラ・ラ・ランド』のオープニングでのシーンに、「5万円払ってもいい」と絶賛していた。

清水ミチコ:『ラ・ラ・ランド』、面白かったぁ。

塙宣之:ねぇ。

清水ミチコ:「映画っていいなぁ」って思ったよね。

塙宣之:いやぁ、凄いです。大きなスクリーンで観ると、また違いますね。

清水ミチコ:違う。泣いた、泣いたもう。私なんかせっかちだから、その前にCD買っちゃって(笑)

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック
ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

塙宣之:CD、先に売ってるもんなんです。サウンドトラックみたいなの。

土屋伸之:『ラ・ラ・ランド』のね。

清水ミチコ:そうだね。もう、CD聴いてるだけでグッときて。泣きながら歩いてたっていう(笑)

土屋伸之:なるほどね。でも、先に曲聴くってパターンも、なんか良さそうですけどね。

清水ミチコ:いいと思った。とにかく、オープニングに5万円払ってもいいような。「これ、なに?!」っていう。

塙宣之:アレ、そうですね。アレ、1,800円だったらもったいないですね。

土屋伸之:オープニング?

清水ミチコ:「オープニング?」じゃないよ。観たんでしょ?土屋さん。

土屋伸之:観たんですけど、飛行機の時間が、ちょっと遅れちゃって(笑)オープニング、間に合わなかったんですよね(笑)20分遅れて劇場に…

清水ミチコ:20分?その中に一番大切な要素が詰まってんのに。

土屋伸之:しかも、飛び込みで行ったから、トイレもしてなかったから。途中でもう、我慢できなくて(笑)

塙宣之:もう、万全の状態でいてくださいよ。

土屋伸之:我慢できなくて(笑)

清水ミチコ:はっはっはっ(笑)もう一回、行けばいいのに。

土屋伸之:最初の1時間くらい、全然頭に入ってこないし。もう、トイレ行きたくて。

清水ミチコ:そうだろうね(笑)そういう時あるよね(笑)

土屋伸之:結局、エンディングまでもたずに、一回、行っちゃいましたからね。

清水ミチコ:体が悲鳴上げるわけだからね。

塙宣之:なに、中途半端に観ようとするんだよ。

土屋伸之:もう、ここで絶対にその話になるから、なんとか詰め込もうと思って行ったんですよ。

塙宣之:ギリギリに予定立てちゃったんだね。

土屋伸之:そうです。

【関連記事】「ラ・ラ・ランド」あらすじ・ネタバレ


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 清水ミチコ,ラ・ラ・ランド,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  高田文夫のラジオビバリー昼ズ

本日の注目記事