TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、WBCで大谷翔平やメジャー組の欠場により世間が「負けた時の準備」を始めていると指摘「傷つかないように…」

伊集院光、WBCで大谷翔平やメジャー組の欠場により世間が「負けた時の準備」を始めていると指摘「傷つかないように…」

2017.03.01 (Wed)
2017年2月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、大谷翔平選手やメジャー組の選手欠場により、世間が「負けた時の準備」を始めているように感じる、と語っていた。

別冊カドカワ 総力特集 大谷翔平
別冊カドカワ【総力特集】大谷翔平 (カドカワムック)

リスナーメール:WBCの楽しみ方を教えてください。

伊集院光:WBCの空気がさ、「もう優勝するしかない」感じ。優勝すれば、盛り上がるじゃん。絶対に優勝すれば盛り上がるんだけど、なんかもう、かたい馬券じゃない。

みんな、「大谷選手が出ない」とか、「ピッチャーのメジャー組がほぼ出ない」ってなった辺りから、負けた時の心の準備が、ちょっと始まってる気がするんだよね。

みんなの考え方が、どんどん「WBCって、別にそこまで本気になる大会じゃないんじゃないの?」みたいな心の準備。負けた時に、酸っぱいブドウがかなり用意できてるみたいな状況で。

だから地獄なのは、「優勝以外、全く褒められる様子がない」っていう。俺は、野球好きだから観るし、それなりにどうあっても楽しめますけど、世間の空気が、勝って欲しいとは思ってんだけど、「勝たないんじゃないか」みたいなことが、「じゃあ、傷つかないように、自分をポジショニングしておこう」的なヤツになってる気がするんだよね。

もう、選手の入れ替えとか出来ないのかね?急に、最終戦の前に、一打席だけ結構きちんと仕上がったから代打 大谷みたいな。そんなのがスゲェ盛り上がりそうではあるけども。

あと、急にイチローとか盛り上がりそうじゃん。もう、代えらんないのかね。でも、まぁまぁ、これはこれとして、「いないけど」みたいなのは、楽しんでみたいと思うし。大谷選手もインタビューしたんですけど、「いい意味で悔しがりたい。自分いなくて優勝してるのを観て、俺、いたかったな。怪我しなかったら、いれたんだなぁって思いたい」みたいなことを言ってましたけど。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,大谷翔平,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事