TOP伊集院光とらじおと ≫ ピエール瀧、老眼や物忘れなど自分の「老い」に悩まない考え方のコツ「(ピークの頃でなくても)今も結構、楽しい」

ピエール瀧、老眼や物忘れなど自分の「老い」に悩まない考え方のコツ「(ピークの頃でなくても)今も結構、楽しい」

2017.02.27 (Mon)
2017年2月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、電気グルーヴ・ピエール瀧がゲスト出演し、老眼や物忘れなど自分の「老い」に対して、悩まない考え方のコツについて「(ピークの頃でなくても)今も結構、楽しい」と語っていた。

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

伊集院光:老眼を認めたくなくて。

ピエール瀧:うん。

伊集院光:「老」だから。

ピエール瀧:うん。

伊集院光:でも、ナンチャッテで、老眼を試しにかけるやつとかをかけると、くっきり見えるじゃない?

ピエール瀧:スゲェよく見える。

吉井歌奈子:ああ。郵便局とかに置いてあるやつ?

伊集院光:置いてあるやつ。

ピエール瀧:そう、そう。

伊集院光:それでカミさんに、老眼鏡をかけてよく見えるようになる状態のことを、「老眼」っていうんだっていう(笑)

吉井歌奈子:ふふ(笑)

伊集院光:「認めろ」と言われて(笑)

ピエール瀧:うん。

伊集院光:「痔の薬を塗って治る、ケツの痛みは痔だろうっていうのと一緒だ」って言われて。

吉井歌奈子:ふふ(笑)

伊集院光:「老眼なんだ」って思った時の、まぁショックったらなくて。

ピエール瀧:まぁそうだけど。「それで、何とかなるんだから良いじゃない?」っていう(笑)

伊集院光:そこ、俺はクヨクヨするタイプなの、なぜか。

ピエール瀧:ああ、そうか。

伊集院光:瀧氏は、わりとそこを受け入れるじゃない?「それだから仕方ない」「面白い」くらいの感じになるでしょ?

ピエール瀧:そうね。なくなっていっちゃうものは、しょうがないっていうか。

伊集院光:まぁね。

ピエール瀧:もう、薄毛も進んできてるしさ、普通に。

伊集院光:分かる、分かる(笑)

ピエール瀧:でしょ?「俺、こんなだっけ?」って思うことあるけど。でも、しょうがないよね、なくなっちゃうもんはね(笑)クヨクヨしててもさ。

伊集院光:そこの差なんだよ、根本的な。同じ年で、野球が好きだったりとか、自分は勝手に似ていると思っているところがいっぱいあるのに、根本的な差は、俺そういう、思っててもしょうがないことを、延々とクヨクヨするのよ。

ピエール瀧:それもあるだろうし、「あの時がピーク」っていうか、「あの時、良かったな」っていう思いがあるじゃない?身体も動いたしさ、人の名前もバンバン出てくるしさ(笑)

吉井歌奈子:はい(笑)

ピエール瀧:さっきみたいに、「たとえは?」って言ったら、すぐに出てくるような感じの、脳の回転だった頃をピークだったということにすると、「あそこに戻りたい」というかさ、「あれが良かったなぁ」っていうのがあると、やっぱりクヨクヨしちゃうのはあると思んだけど。

吉井歌奈子:うん。

ピエール瀧:まぁでも、今も、結構楽しいしね。

伊集院光:そうね。その切り替えが、悔しいけどピエール瀧は早いんです。

吉井歌奈子:ああ、分かりました、今。

伊集院光:僕は、ちょっとひきずって、やっと開き直れるから。

吉井歌奈子:うん、うん。

伊集院光:深夜放送をやってて、たとえが出てこない時の。たとえが出てこないエンターテイメントまで昇華できると、やっと、「これはこれで」って、出そうなものが出てこないって自分は納得いくんだけど。

ピエール瀧:うん。

伊集院光:ピエール瀧ほどそこは早くないんだよな。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,電気グルーヴ,ピエール瀧,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事