TOPたまむすび ≫ 博多大吉、俳優・木下ほうかがブレイクしたきっかけは「東京進出・ブレイクした大吉の祝勝会」だったと明かす

博多大吉、俳優・木下ほうかがブレイクしたきっかけは「東京進出・ブレイクした大吉の祝勝会」だったと明かす

2017.02.25 (Sat)
2017年2月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、東京進出・ブレイクしたことを師匠である浅香あき恵に祝ってもらい、その席で俳優・木下ほうかもまた奮起し、そこから売れるようになったのだと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:僕に弟子希望の子が来た、みたいな話(博多大吉、約10年弟子になりたいと言い続けてきた志願者に説教をしたと明かす「このままやったら2人ともダメになる」)をしましたけども。まぁ、でもどんな仕事でもさ、「あの人の弟子」というか…

赤江珠緒:ありますね、会社でもね。

博多大吉:何かあるでしょ?

赤江珠緒:「何派なの?」みたいな感じで。「あの人に教わったんでしょ?」みたいなのとか。

博多大吉:赤江さんもいるんでしょ?師匠が。

赤江珠緒:いますよ、師匠は。

博多大吉:どなたなんですか?

赤江珠緒:何人かいらっしゃいますけども、でもあの楠さんって言って、この間、『たまむすび』に1度来て下さって。今度ね、3月にABCのアナウンサーで、また師匠来るんですよ。

博多大吉:何しに?

赤江珠緒:ふふ(笑)なんかね、本出されるらしくて。私、弟子だから。「赤江、番組出してくれよ」って言われると、もうね。嫌と言えない(笑)

博多大吉:おじさん?おばさん?

赤江珠緒:そうです。

博多大吉:「おじさん、おばさん」って言う訊き方もあれだけど、男性の方ね(笑)

赤江珠緒:はい、男性の方。

博多大吉:やっぱり、アナウンサーっていうのは技術職ですから。そういう方もいるでしょうし。僕も、まぁ福岡吉本にはいますけど、一応。寿一実っていう芸人さんがいて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:女性だと、やっぱり浅香あき恵さんかな、吉本新喜劇の。

赤江珠緒:ああ、はい。

博多大吉:あき恵姉さんに凄い可愛がってもらいましたね。

赤江珠緒:「お世話になった」という感じがね。

博多大吉:だから、あき恵姉さんが今度、何十周年イベントを春やるので、その時は呼んでいただけたので。もう、どんなスケジュールがあろうと、「僕はそれ行きます」って言って、行かせてもらうんですけど。

赤江珠緒:良いですね。ちょっと、師弟関係にまつわるエピソードを。

博多大吉:良い話。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:あきえ姉さんが、僕がちょっと世に出られた時に東京でね、祝勝会じゃないけど、「お祝いの飲み会を開こう」って言って。「大、おいで」って言って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「新喜劇の後輩をね、一人連れて行くから」って、見たことがないオジさんがいて。3人で飲んでて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕とあき恵姉さんが、泣きながら飲んでて。「良かったな」「いいえ、姉さんのおかげです」って言って。そのシーンが、良かったんでしょうね。来てた、あき恵姉さんが連れて来てた、元新喜劇の男の人がね、「自分も今日、良いものを見たから頑張る」と。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:「二人みたいに、もっと表に出られるように。今はもう売れない役者だけど、俺、頑張るから」って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:その「頑張るから」と言って、本当にすぐテレビに出だしたのが、木下ほうかさんなんですよ。

赤江珠緒:ほう、ほう。

博多大吉:今、テレビに出てたから、パッと思い出したんですけど(笑)

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:そう。

赤江珠緒:あの、俳優さんの?

博多大吉:イヤミ役でお馴染みの。

赤江珠緒:ちょっと、悪役とか結構される。

博多大吉:そう。この方、元々吉本新喜劇にいて。あき恵姉さんが、ちょっと可愛がってた方なんですよ。

赤江珠緒:ああ、そうなんですか。

博多大吉:そう。でも、「俺も頑張るわ」って言って、半年後くらいから、もう急に出だしたから。

赤江珠緒:凄いですね、それまで何を(笑)

博多大吉:「いや兄さん、もっと早よ頑張れば良かったのに」とか思いましたけど(笑)

赤江珠緒:本当ですね(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,木下ほうか,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事