TOP星野源のオールナイトニッポン ≫ 星野源、タモリが伝授した「女装の本質を理解する方法」について語る「パンツだけ女子のパンティーにしてみろ」

星野源、タモリが伝授した「女装の本質を理解する方法」について語る「パンツだけ女子のパンティーにしてみろ」

2017.02.23 (Thu)
2017年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、シンガーソングライター・俳優の星野源が、タモリが伝授したという、「女装の本質を理解する方法」について語っていた。

働く男
働く男 (文春文庫)

星野源:「チャウ大」(仮面チャウダー YAJIO CRAZY チャウ大附属脂身高等学校)っていうイベントで。(奥田)民生さんとか、斉藤和義さんとか、色んな方が出られるイベントで、みんな学生服を着るんですよ。

バカリズム:うん。

星野源:で、僕はなぜか女子だったんですよ(笑)その時の格好が。で、ブレザーを着て臨んだんですけど。もちろん、その時は脚の毛は剃りました。

バカリズム:はい、はい。

星野源:で、ちょっとパッツンロングみたいな髪型だったんですけど、それが、「かしゆかさんに似ている」と。

バカリズム:ふふ(笑)なるほど(笑)

星野源:顔面は、全く似ていないんですよ。髪型だけ似てて。で、出てったら、「カワイイ」って、お客さんが盛り上がってくれて。ライブイベントなんで、盛り上がってくれて、凄く気を良くして、「嬉しいな」と。

バカリズム:ふふ(笑)

星野源:で、その次のイベントに、Perfumeの皆さんが出ることになったんですよ。

バカリズム:はい、はい。

星野源:「これはやるしかない!」と。で、その時に僕、"ほしゆか"って名乗ってたんですけども(笑)

バカリズム:あ、もう完全に寄せてるじゃないですか(笑)

星野源:ふふ(笑)「ほしゆか、やらせてください」って言ったら、みんな優しいから、やらせてくれて。まず、登場で「あーちゃん、のっち、そしてほしゆか」の3人でまず出てきて。「Perfumeです」って言って、やらしてくれたんですよ(笑)

バカリズム:はい(笑)凄いな(笑)

星野源:その時、ワーッっていう感じで。やっぱり気持ち良くて。

バカリズム:それは盛り上がりますよ。

星野源:ぜひ、やってみてください。

バカリズム:はっはっはっ(笑)

星野源:でも、それをタモリさんに話したら、「どうしたらいいですか?」っていうか。タモリさんも、そういうのが好きなんだっていう話を、本で読んだりとか。女装も凄くされているっていう話を聞いたので。

バカリズム:うん。

星野源:赤塚不二夫さん譲りの。

バカリズム:はい。

星野源:で、聞いたら、「まず、パンツだけやってみろ」と。

バカリズム:パンツ?

星野源:パンツ。僕が、その時までやってたのって、全部外見で。ちゃんと周りに見えるものじゃないですか。

バカリズム:はい。

星野源:「女装ですよ」っていうの、みんな分かる。

バカリズム:はい。

星野源:「そうじゃなくて、全部、今まで通りの外見で、パンツだけ女子のパンティーにしてみろ」と。

バカリズム:へぇ、パンティを穿くっていうことですか。見えない部分で。

星野源:「そうすれば、本質が分かる」って言われて。「なんて凄い人なんだ!」って思って。

バカリズム:ふふ(笑)たしかに、本質ですよね。

星野源:「自分は、なんて甘かったんだろう」って、凄く反省しました。

バカリズム:中から行くってことですね。

星野源:それは、『ミュージックステーション』のリハーサルの時に言ってて(笑)

バカリズム:はっはっはっ(笑)それ、いい話ですね(笑)

星野源:凄いいい話なんですよ。「自分は、本当に外見だけだったな」っていうのを、凄く深く反省して。

バカリズム:「まず、自分の心を女装しろ」と。

星野源:うん。それを、ちょっとやろうと思うんですけど。なかなか、度胸が。

バカリズム:やってないんですね(笑)

星野源:まだ、やれてないです。「やる」って言いたいんですけど。「やった」って言いたいんですけど。ちょっと…

バカリズム:いや、言っちゃダメなんですよ。

星野源:まぁね、そうですよね。たしかに、言わないで、ただやる。

バカリズム:「自分の中の覚悟が決まったら、初めて外見も女装にしていい」ってことですもんね。

星野源:そうですよね。それ、ちょっと本当に結構な…たとえば、買うところからまず始めないといけないんで。

バカリズム:そうですね。

星野源:ないわけじゃないですか、家の中にそれは。

バカリズム:そうですよ。だから、自分で買いに行かなきゃダメですよ。ネットとかじゃダメですよ。

星野源:はっはっはっ(笑)今、大変ですよ、それ。

バカリズム:だから、どう選ぶんですかね?男としての目線もあるじゃないですか。自分が、女性に穿いて欲しいパンツと…

星野源:あと、サイズ感とかもありますよね。

バカリズム:女の子ってよく、「この下着、可愛くない?」って、自分が穿きたくて買った可愛いパンツを見せてくるけど、男の好みとは、ちょっと違うじゃないですか。

星野源:ああ、得てしてそういう時はありますよね。

バカリズム:ねぇ。だから、どっちに働くのか。

星野源:結構、難しいですね。

バカリズム:ね、"ほしゆか"が。

星野源:でも別に、男の人に見せたいわけじゃないですよ(笑)

バカリズム:そっか(笑)

星野源:あと、「まずそこまで行けない」っていう話なので。

バカリズム:じゃあ、ぜひやってみてくださいよ。

星野源:ちょっとまあ…こっそり、報告しますね。

バカリズム:こっそりね(笑)

星野源:こっそり(笑)

バカリズム:「今日、穿いてます」って(笑)

星野源:メールで。「穿きました」ってだけ送るっていう(笑)

バカリズム:分かりました(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 星野源,タモリ,バカリズム,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  星野源のオールナイトニッポン

本日の注目記事