TOPオードリーのANN ≫ オードリー・若林「道端アンジェリカにケンカを売る」

オードリー・若林「道端アンジェリカにケンカを売る」

2011.05.08 (Sun)
2011年05月07日放送の「オードリーのオールナイトニッポン(ANN)」にて、オードリー・若林正恭がグータンヌーボの企画で、片瀬那奈、長谷川潤、道端アンジェリカと合コンを行ったことを明らかにしていた(オードリー・若林「片瀬那奈、長谷川潤たちと合コン」)。

若林「結局、俺は酔っぱらってたから、(合コン中)噛み合わなかったかもなって思って。空気が悪くなった場面が何回かあって。道端アンジェリカさんが、『わたし、結婚に興味ない!』みたいなのが始まったの」

春日「うんうん」

若林「『始まったの』っていうのはヤバイな」

春日「そういう言い方はね」

若林「もう、落とし穴だらけじゃん~」

春日「テメェで掘ってテメェで落ちてるんですけどね。若林さん的には、『うわうわうわ…』って思ってたんですか?」

若林「もう、ヤメてぇ~ちょっと」

春日「そういう言い方だとね」

若林「『わたし、結婚に興味ない』って意見を、道端アンジェリカさんが仰り始めたのですよ」

春日「もう、遅いよ(笑)」

若林「道端アンジェリカさんが『紙切れ1枚に縛られたくなくない?』みたいに言い始めたわけですよ」

春日「ちょっと、悪意のある言い方だね(笑)」

若林「過剰演出してますよ。『婚姻届に縛られて、寂しくない~?』みたいのが始まったワケですよ」

春日「うわうわうわ(笑)」

若林「思ってない、思ってない(笑)そんな話、良いじゃん。そうしたらさ、大鶴義丹さんが『でも…離婚届の方が寂しいよ』って言いだして」

春日「ふふっ(笑)」

若林「そうしたら、ドエライ空気になって。言うなや、そんなこと。今まで緊張して何も喋らなかったクセに、急にそれを出してきたら、そんな空気になるわと思って」

春日「そうだね」

若林「それで、俺のフォローも意味分かんないよ。『また~』って」

春日「はっはっは(笑)それじゃあ取り戻せないな。楽しみですね、オンエアが」

若林「それで、離婚届の方が…つって、シーンとなりましてね。…まぁ、合間合間に、道端アンジェリカさんに金田が『カメラ意識してんじゃねぇ』って言われるくだりもあるんですよ」

春日「うわぁ(笑)なるほどね」

若林「それで、お好み焼きの一切れが残ってたりするじゃないですか。その感じがイヤなんですよ。誰かがいかなければならないんだけど、それがイヤだから絶対にとるんですよ」

春日「良いんじゃないですか?」

若林「そういうの大丈夫かな?酔っぱらっちゃってて」

春日「結構、飲んでたんですか?」

若林「飲んだ。もう、酔わないとダメだと思ったから。人見知りしたらイヤだし」

春日「そこをイジられてもね」

若林「あと、鰹節とノリがあって、そういうのを渡した方が良いのかな、レディーファースト的に」

春日「自分でかけるのか、それとも作った人が掛けるのかって話になりますよね」

若林「各々でかけようってことになったんです。それで、大鶴義丹から金田、俺って回ってきたの…っていうか、完全に呼び捨てにしてたね(笑)」

春日「はっはっは(笑)」

若林「下に見てるのかも知れない」

春日「止めたまえよ。気づいてても言うのヤメたまえよ(笑)」

若林「もう、今のは良くないわ」

春日「一回、飲んだから、親しみを込めて良いんじゃないですか」

若林「義丹、金田、俺で回ってきて、ノリと鰹節ぐらい自分でとって、自分でかけろって思うのよ。その方が合理的だと思ったの。あと、金田の目が怖い。アイツはそういうネタばっかり作るから。意地悪な目をしてんじゃん」

春日「緊張してるんですよ」

若林「『鰹節とノリをかける人、どうぞ』って言って渡したら、アイツ、引っかかるだろ、俺に。今度、訊こう。どう思ってたのか」

春日「うん」

若林「それで、『結婚したら何人子供欲しいか』って話になって。俺はいつも3人欲しいって思って。色んな兄弟をみてて、そう思ったの。それで『3人欲しいですね、俺は』みたいなことを真面目な顔で言ってたらしいのよ」

春日「うん」

若林「それで、『真ん中の子は上と下に挟まれるから、有能な人が多いらしいですよ』みたいなことを言って。『芸能人の人でも、一流な人は真ん中の人が多いんですって』って言ったら、なんか静かだなって思って」

春日「ほう」

若林「それで、あとあと訊いたら、道端三姉妹の末っ子がアンジェリカさんなんですよ」

春日「はいはい」

若林「だから、『真ん中の人が有能らしい』ってスゴイ言ってて。それにみんな気づいてて、シーンとしてたんですよ。4分間も」

春日「マズイね」

さらに、以下のように語っていた。

若林「やっちゃった~M-1の2本目以来」

春日「それはヤっちゃったね」

若林「ヤちゃったね、じゃねぇだろ。お前もあのネタでいくって言っただろ。静かにこっくり頷いて」

春日「あれは、確かに黒歴史だからね…でも、誰もツッコまないの?『若林さん、道端さんは末っ子だからマズイでしょ』みたいなのは?」

若林「それで埋まるような穴じゃないからね」

春日「そんな空気だったんかい(笑)」

若林「ああいう空気、『BROTHER』で机の下から鉄砲撃ってる空気(笑)」

春日「恐ろしいね(笑)表面上では穏やかに話をしてるけどね」

若林「でも、それでボロクソ3人で言ってたっていうのを聞いて、女の人ってやっぱり怖いって思ったよ。なかば、男子会は3人で反省会とはいえ、メッチャ楽しかったもん。『美人と飲めて良かった』みたいな」

春日「ここは悪かったって反省会はなかったわけね」

若林「噂では、ボロクソ言われてたって言ってたから、ますます怖い。俺は女性が怖い」

春日「うん」

若林「オンエア観ないと分かんないけど、結構カットされてるんだろうな。そんなことを俺がラジオで喋っちゃいけないんだけどさ」

春日「そうだね」

若林「2時間飲むんですけど、1時間20分くらいで道端アンジェリカさんが星座の話を始めたんですよ。星座によって、どんな男の人が多いっていうのを言ってたんだけど、これはオフレコで頼むよ。酔っぱらってたとはいえ、はっきりと心の中で『飽きた~』って思ってた」

春日「これはオフレコじゃないとダメだね」

若林「星座の男論…それに飽きた~って思ったのをはっきり覚えてて、これは絶対に口外しないで。リスナーの皆さん」

春日「でも、電波に乗っちゃってるから」

若林「これを言ったヤツ、地の果てまで追っていくから」

春日「それは返り討ちにあって欲しいね…その瞬間は、飲み会でも、集中力が切れたっていうか、『帰りたい』って思うことあるね」

若林「お前でもそんなことあるの?俺はマジで、『帰りたい』って思うと、本当に帰るヤツじゃん」

春日「そうだね」

若林「昔、社員さんに怒られたからね」

春日「私が訊かれるんだから『若林はどこに行った?』って」

若林「ビルとビルの間で、胸ぐら掴まれて怒られて。『お前、喋れや。営業の場なんだから』って言われて」

春日「恐ろしい話(笑)でも、それは性分だからね」

若林「でも、パブリックなところではバレてないと思ってて。15分くらい喋らなくて、また喋ろうと思ってたんだけどね。でも、反省会に移ったら、金田が開口一番『若林さん、後半40分なんなんですか!全然喋ってないじゃないですか』って言われて」

春日「バレたね」

若林「『金田、言うな。そういうところ、良くないぞ。お前の一本気すぎるところ。真っ直ぐすぎるは、そんなことを大声で言って。怖い、怖い。止めて~』って言って」

春日「喋ってない方が悪いから。40分は長いよ」

若林「俺が15分と感じてたのが、40分だったんですよ」

春日「40分はバレるわ」

若林「それで、義丹さんに『俺は義丹さんに頼ろうかと思ってたのに、どうして全然しゃべんなかったんですか?』って言ったら、『いやね、あの3人は石油王しか相手に出来ないよ』って言い出して」

春日「ふふ(笑)」

若林「どういうことですかって言ったら、『あんな美貌も内面も兼ね備えた女性3人、石油王しか相手にできない』って言いだして」

春日「はっはっは(笑)」

若林「『義丹さん、石油王に会ったことあるんですか?』って言ったら、『見たこともない』と(笑)」

春日「なるほどね(笑)」

若林「義丹さんも、あの3人にあがってたんですよ」と語っていた。

次の記事(オードリー・若林が語る「女性という生き物の不可解さ」)に続く。

【関連記事】
オードリー・若林「片瀬那奈、長谷川潤たちと合コン」

オードリー・若林「草なぎ剛に言ってないこと」

オードリー・若林「黒谷友香に恋してる」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,片瀬那奈,長谷川潤,道端アンジェリカ,,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事