TOP古舘伊知郎のオールナイトニッポン ≫ 古舘伊知郎、亡くなった母のDVDデッキがいまだに『報ステ』を録画し続けていたと明かす「死んで5年、毎日…」

古舘伊知郎、亡くなった母のDVDデッキがいまだに『報ステ』を録画し続けていたと明かす「死んで5年、毎日…」

2017.02.19 (Sun)
2017年2月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』にて、フリーキャスター・古舘伊知郎が、亡くなった母親のDVDデッキがいまだに、古舘自身が出演していた時代から、ずっとテレビ朝日系の番組『報道ステーション』を録画し続けていたことに気づいた、と語っていた。

SWITCH 古舘伊知郎 TALKAHOLIC しゃべくる魂 テレビ屋の反乱
SWITCH Vol.34 No.12 古舘伊知郎 TALKAHOLIC しゃべくる魂 テレビ屋の反乱

古舘伊知郎:おふくろが死んで、5年になるんですけどね。2012年に亡くなりましたから。

で、おふくろは部屋代わりましたけど、死んだ親父とおふくろ、死んだ姉ちゃんの部屋っていう小さい部屋をもうけていて。そこに、クリスチャンだったんで、ウチの両親は。仏壇も何もなく、写真立てに姉ちゃんを含めた3人並べまして、お水を毎日あげまして。

僕は、朝と寝る前の夜、起きた時と寝る直前にそこに行って、必ずそこで手を合わせるんですよ。それで、LEDの電池式のロウソクを立てて。本当のロウソクのように見えるしね。花を飾ってんの。毎日、毎日、お参りしているっていう、勝手な自負はあるわけ。

で、つい最近、そんな時間に行ったことないんだけど、明日早いんで、早めにお祈りしておきたいっていうのがあって。その部屋に入ったんですよ。夜の10時前くらいに。

それで手を合わせて行こうと思った時に、なんか視界の隅に写真立ての下の方が見えたんで見たら、DVDデッキがあったの。おふくろが愛用してたDVDデッキがあったんですよ。それが電源がついてて。「録画中」って出てたんですよ。

「あれ?」って思ったの。そもそも、ウチのおふくろって、自分の息子、俺が出てる番組、局アナ時代から、VHS、ベータマックス、DVDに至るまで、ずーっと俺が出た番組とか録画しててくれて、ライブラリーになってんの。大したもんなんだよ、ありがたいことで。

それをずっとやってくれてるおふくろで、僕は財産だなって思ってんの、おふくろのライブラリーがね。昔からだから。それは知ってて、『報道ステーション』もずっと録画してくれてるのは知ってたけど、亡くなって5年だよ。ふっと見たら、「録画中」だよ。

おふくろのDVDデッキは、未だに死んで5年、毎日、毎日、月-金、『報道ステーション』の録画のために動いてた。

僕が行ったのは、10時前だから。9時57分くらいに行ってんの。9時54分から『報道ステーション』始まるんで、ずーっと5年間、僕はその時間帯に入ったことないから。夜中か朝だから。

だから人はね、永六輔さんの言葉で、「人は2度死ぬんだよ。一度死んでも、人の思い出の中に生きている限りは、その人は生きてるんだよ」ってことを、こういうところでも話したことあるけど。「本当におふくろ、まだ生きてるんだな」って思って。

同時に、「おい、おふくろ。今の『報道ステーション』、主に喋ってんのは富川だよ」って、修正も写真に向かって言っておいた。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 古舘伊知郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン

本日の注目記事