TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、父親が義理の兄に結婚を反対されて「ガラスぶち破って投げた」と告白「血だらけで庭に転がって…」

オードリー若林、父親が義理の兄に結婚を反対されて「ガラスぶち破って投げた」と告白「血だらけで庭に転がって…」

2017.02.12 (Sun)
2017年2月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、父親が義理の兄に結婚を反対され、「ガラスぶち破って投げた」「血だらけで庭に転がってた」などと語っていた。

オードリーの悪いようにはしませんよ。ゆるっと7年史
オードリーの悪いようにはしませんよ。ゆるっと7年史


若林正恭:春日部は、ウチの母ちゃんの親戚がね、住んでて。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:ウチの母ちゃんの姉さんが住んでて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:親父が結婚する時に、その姉さんと姉さんの旦那さんに挨拶に行ったら、姉さんの旦那さんに結婚を反対されて。

春日俊彰:え?

若林正恭:「お前みたいなフラフラしてる男とね、嫁の妹を結婚させるわけにはいかない」って言われて、親父がその旦那をね、上手投げで庭にガラスごとぶち破って投げたっていう。

春日俊彰:ヤベェなぁ、おい!

若林正恭:その話を、親父が死んでから聞いたんだよ。

春日俊彰:なんなんだよ。ヤベェ親父だったなぁ、おい。

若林正恭:ふふ(笑)

春日俊彰:どんな親父なんだ、それ。

若林正恭:それで、大分、結婚できなかった期間があるって話で。

春日俊彰:よく結婚まで持ってったな、そんなことをした後に(笑)時間はかかっただろうけど、よく結婚できたな。

若林正恭:それで、ウチの母ちゃんの方の田舎っていうか、実家に夏休みとか行くじゃん。それで、毎回、親父が来なくて。俺は子供だからそういうの分かんなくて、「変だな」とも思ってなくて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:でも、みんなのお父さんとかお母さんは勢揃いしてるけど、ウチの親父だけは来なくて、「何だったんだろうな?」って思ったら、ガラスぶち破って投げちゃったから、気まずくて来なかったって話だったって、親父が死んでから聞いたんだよね。

春日俊彰:まともじゃないな(笑)

若林正恭:それで、投げちゃった旦那さんが、血だらけで庭に転がってたんですって。

春日俊彰:ガラスだからね(笑)

若林正恭:昔の話ですよ。親父も20代で。それで、そんなことがあって、「もう一回、話をしよう」って言って、その旦那と親父が待ち合わせたんですって。夢の島の駐車場に。

春日俊彰:なんでそこなのよ(笑)

若林正恭:で、会うなり親父がタコ殴りにしちゃったら、その旦那がクルマでね、春日部だったんだけど、夢の島まで来て、トランク開けて、ゴルフのドライバーで顔面殴られたんですって。

春日俊彰:何なんだ。よく結婚できたな。

若林正恭:そしたら、親父は前歯が折れてて、「前歯が2本とも差し歯だったんだ」って話を、死んだ後に聞いたんです(笑)

春日俊彰:なんなんだ、それは(笑)

若林正恭:ふふ(笑)親父が前歯差し歯だったのも、マジで知らなかったの(笑)

春日俊彰:何なの?それ(笑)何の話?映画の話?

若林正恭:いや、だから昭和の話だよ。昭和の男ってみんな、きっとそうだったんじゃない?梅沢富美男さんしかり。

春日俊彰:梅沢さんもそこまでやってないだろ(笑)

若林正恭:梅沢さんなんか、めちゃめちゃやってたんでしょ、きっとそんなこと(笑)

春日俊彰:いや、そんな(笑)そこまでやってないでしょ(笑)

若林正恭:亡くなってから、親戚とか知りあいが集まると聞くのね、そういう話。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:そんな話、子供にしないじゃん。

春日俊彰:あえてしないよね。聞くこともできないしね、こっちから。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,若林正恭,春日俊彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事