TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『君の名は。』で高校生にスクーターを乗らせたことに疑問「免許持ってんの?」

明石家さんま、『君の名は。』で高校生にスクーターを乗らせたことに疑問「免許持ってんの?」

2017.02.12 (Sun)
2017年2月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、映画『君の名は。』で、三葉の同級生である男子高校生・勅使河原克彦がスクーターに乗って登場するシーン、「最初からスクーター乗ってったら良かったのに」「免許持ってんの?」など疑問を呈していた。

小説 君の名は。
小説 君の名は。 (角川文庫)

明石家さんま:俺は後半で「10代の子は、ハマるの分かるな、この映画(『君の名は。』)」って思っててんけど。

工藤遥:はい。

明石家さんま:自転車借りよるやんか、助けに行くために。

工藤遥:はい。

明石家さんま:「自転車借りるね」って、自転車で行って、壊して。

工藤遥:山の中で。

明石家さんま:それで、落として走って帰ってきたら、自転車とられた男の子、すぐスクーター乗ってるやんか。

工藤遥:ふふ(笑)乗ってます(笑)

明石家さんま:アレ、「最初からスクーター乗ってったら良かったのに」って。

工藤遥:夢のないことを(笑)

明石家さんま:なんで自転車乗んねや、お前(笑)

工藤遥:いや、アレは学校用の自転車なんですよ。学校にスクーターで行くわけにはいかないじゃないですか。

明石家さんま:いかないの?じゃあ、アイツ、スクーターの免許持ってんの?

工藤遥:いや、分かんないです。

村上ショージ:いつ取ったんって。そんなん矛盾感じひんの?(笑)

明石家さんま:あそこは、「歩いてて良かったのに」って。なんでスクーター乗らせたん、そこからスクーターが活躍するわけやないよな?

工藤遥:でも、自転車じゃ間に合わない、徒歩でも間に合わないからスクーターっていう。

明石家さんま:っていう設定にしてんのか。無理やりそうしてはんのか。

工藤遥:無理矢理な手段じゃないですけど。高校生が考える、最速だったんだと思います、それが。

明石家さんま:なるほど(笑)それでバッタリ会うねんな。「そんなバカな」いう(笑)

村上ショージ:アニメですから(笑)でも、感動はしたんですか?

明石家さんま:「いい映画だな」って。俺は「なるほどな」って感じですし。でも、あまりにも前評判が高いから、俺の脳が「前評判高すぎる」っていうので、ちょっとランク落として観に行こうとはして。

工藤遥:うん。

明石家さんま:「前評判高いけど、気にすんなよ」って言い聞かせながら観てましたけど。前評判が高すぎたんで、腹が立った(笑)

飯窪春菜:やっぱり腹が立っちゃった(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,君の名は。,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

本日の注目記事