TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『君の名は。』ラストシーンの階段で『ひょうきん族』ロケを多数行っていたと明かす「笑ってしもて(笑)」

明石家さんま、『君の名は。』ラストシーンの階段で『ひょうきん族』ロケを多数行っていたと明かす「笑ってしもて(笑)」

2017.02.12 (Sun)
2017年2月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、『君の名は。』ラストシーンの階段で、フジテレビ系の番組『オレたちひょうきん族』のロケを多数行っていたと明かしていた。

小説 君の名は。
小説 君の名は。 (角川文庫)

明石家さんま:『君の名は。』、観に行かせていただきました。

工藤遥:どうでしたか?どうでしたか?

石田亜佑美:凄い、興奮してる(笑)

飯窪春菜:前のめりになってる(笑)

明石家さんま:凄いのは、月曜の昼間に行ったんですけど、半分お客さん入ってた、まだ。

石田亜佑美:そうなんですよ。

工藤遥:まだ1日6回とかやってますよね、回数も。

明石家さんま:8月からやって、この2月に「まだ半分いるぞ」って。この2月、しかも月曜の昼間やで。

飯窪春菜:平日に。

明石家さんま:それも俺は、大阪で観に行ったんですけど、それでお客さんがあんだけ入ってんのは、ちょっと驚いた。

工藤遥:凄い。

明石家さんま:アレは大体、東京の人が町並みを見て、感動しはるんやろうけど。

工藤遥:はい。

明石家さんま:最後のシーンあるやろ。2人で「君の名前は?」って言うシーン。あそこ、河田町っていう、フジテレビで俺が死ぬほどあの階段でロケしてんねん(笑)

工藤遥:え?!

明石家さんま:『ひょうきん族』で(笑)アミとりおばさんとかっていうキャラがあったり。俺はあそこの階段で、たけしさんと何回も絡んでコント作ったり。

工藤遥:はい。

明石家さんま:それがラストシーン、あの階段やねん(笑)

村上ショージ:うん。

明石家さんま:四谷ですれ違って、バーッて走ってくやろ。

工藤遥:はい。あの神社のところですよね?

明石家さんま:そう、そう。四谷の河田町ってところの階段やねん。

工藤遥:はい。

明石家さんま:そこで、俺とたけしさんがすれ違いながら、『社長漫遊記』のコントをやってて。「明石君」「社長、バッと盛り上がってきましょう」って、振り向いて、そういうシーン撮ってんねん。

工藤遥:へぇ。

明石家さんま:それがラストシーンや(笑)笑ってしもて(笑)

石田亜佑美:さんまさん、元ネタみたいな感じじゃないですか(笑)

明石家さんま:そう。あの監督、『ひょうきん族』で使ったの知ってると思うで。

工藤遥:ええ?!

明石家さんま:死ぬほど『ひょうきん族』ってバラエティであの階段使ってるから。(旧社屋)フジテレビの裏口から出て、右に行ったところのすぐやねん、それが。あそこやって。

工藤遥:へぇ、凄い(笑)

飯窪春菜:興奮してる工藤もだけど、嬉しそうに喋るさんまさん(笑)観に行って良かったですね。

明石家さんま:観に行って良かった(笑)「アレ、俺のロケ地や」って(笑)

飯窪春菜:ラストで(笑)

明石家さんま:ちっとも俺のロケ地ちゃうねんけど(笑)完全に「俺のロケ地や、アレ」って(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 明石家さんま,君の名は。,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

本日の注目記事