TOPたまむすび ≫ ピエール瀧、赤江珠緒が弁護士の英単語を「ライヤー(嘘つき)」と間違えたことに驚く「トランプ寄りの人だ(笑)」

ピエール瀧、赤江珠緒が弁護士の英単語を「ライヤー(嘘つき)」と間違えたことに驚く「トランプ寄りの人だ(笑)」

2017.02.11 (Sat)
2017年2月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、電気グルーヴのピエール瀧が、フリーキャスターの赤江珠緒が弁護士の英単語を「ライヤー(嘘つき)」と間違えたことに驚いていた。

DENKI GROOVE THE MOVIE? 石野卓球とピエール瀧
DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc)

ピエール瀧:赤江さんは、(消防士を「ファイヤーマン」と無意識に言い換えてしまうのは)『バックドラフト』がそもそも、元ネタ、と。

バックドラフト
バックドラフト [Blu-ray]

赤江珠緒:そうですわ。っていうか、言われるまで気づいてなかった。

ピエール瀧:ああ。

赤江珠緒:いちいち、消防士さんを「ファイヤーマン」に直してたこと自体ね。

ピエール瀧:はい。どうします?これから、ドクター、ポリスマンも。

赤江珠緒:忙しいよね(笑)職業全部なおしてったらね(笑)

ピエール瀧:そういうので、ちょいちょい、そういうのあった時に。

赤江珠緒:ちょいちょいね(笑)

ピエール瀧:赤江さんの特技というか。味として、色んな職業が出た時に、英語でスッと置き換えられるっていう(笑)

赤江珠緒:無駄な能力(笑)

ピエール瀧:漫才的な感じで、「そういうことでね、私のこの相方のタマちゃんなんですけどね、なんとですね、色んな職業を英語に換えられます。お客さんが言ってくだされば、すぐ英語に換えることができますよ」っていう(笑)最近、そういう芸人多いじゃん(笑)

赤江珠緒:要らないと思うけど(笑)

ピエール瀧:ねづっち的な(笑)

ねづっち なぞかけ教習所
ねづっち なぞかけ教習所 [DVD]

赤江珠緒:整いました(笑)

ピエール瀧:そこですぐ、パッと。

赤江珠緒:そっか。

ピエール瀧:弁護士!

赤江珠緒:えーっ…ライヤー!(正解はlawyer)

ピエール瀧:え?ライヤー?「嘘つき」でしょ(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

ピエール瀧:凄い。トランプ寄りの人だ。トランプ寄りの人がいた、ここに(笑)

赤江珠緒:弁護士協会の皆様、失礼しました(笑)



関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ピエール瀧,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事