TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、安倍首相のトランプ大統領の別荘滞在・首脳会談は行くべきであるが「自分から擦り寄る必要はない」と指摘

伊集院光、安倍首相のトランプ大統領の別荘滞在・首脳会談は行くべきであるが「自分から擦り寄る必要はない」と指摘

2017.02.12 (Sun)
2017年2月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、安倍首相のトランプ大統領の別荘滞在・首脳会談は、行くべきであるが「自分から擦り寄る必要はない」などと語っていた。

ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢
ドナルド・トランプ 劇画化するアメリカと世界の悪夢 (文春新書)

トランプ大統領の招待は受けるべきだったか


中村尚登:今日は、日本を出発して、安倍総理がまずワシントンで会談をして、ランチをして。その後、大統領専用機でフロリダに移って、それでフロリダの別荘で会談をして、ゴルフをしてまたご飯をして、というので帰ってくるというスケジュールなんですけど。

伊集院光:はい。

中村尚登:週末なので、安倍総理は日曜日に帰ってくるから、月曜日からの国会とか、そういうのに間に合うスケジュールなんですけども。こんなにね、「就任早々、手厚い接待を受けて良いの?」っていうね。

伊集院光:これね、凄い難しいと思うのは、トランプさんとそんなに仲良くして、「ちょっと慎重にしないと、周りの目もありますよ」みたいな言い方をする人もいるじゃないですか。

柴田理恵:うん。

伊集院光:僕は、そこに対して…安倍政権に対して言いたいことがないわけでもないんですけども。これに関してはさ、あのタイプの…たとえば、自分の周りに豪腕な、ワンマン社長みたいな人がいて、権力もあって、力も持っちゃってる人がいてね。「ゴルフやりたいなら、来いよ」って言われた時に、利口なやり方は、俺は「行く」だと思うんだけどなぁ。

柴田理恵:うん。

伊集院光:行くけども、自分の中で「ここまでの要求しか聞かない」っていう、毅然としたものは持っていて欲しい。

柴田理恵:それはそうですね。

伊集院光:でもさ、「やる?」って言われたら、「やらない」という選択は、「プラスなこと、なんかあるのか?」って、ちょっと思っちゃうんだよね。

柴田理恵:いっぺん、相手の懐に飛び込むっていうかね。

伊集院光:行かないと。行った上で、その代わり凄いちゃんとした線引きは持ってないと。「これは譲りません、ここはお願いします」を持っていないとダメだけど。

柴田理恵:うん。

伊集院光:行くしかないように、僕なんかは思う。それは、個人の規模の小さいことで比べて良いのか分からないけど。

柴田理恵:でもほら、戦国武将同士が話をする時には、そうやって、男を試されるっていうの?

伊集院光:なるほど。

柴田理恵:そういうシーンですよね。

中村尚登:トランプさんと安倍さんが、本当に戦国武将同士くらいの、それだけの器の者同士であるのかどうかっていうね(笑)

有馬隼人:そこいきますか(笑)

伊集院光:そうね(笑)

中村尚登:でも、確かに伊集院さんがおっしゃるみたいに、向こうのところに行って、招待を受けて。それを「最初から断る」っていう手はないでしょ、確かに。

伊集院光:うん。

中村尚登:ただ、だけど「アメリカが重要」なのか。今はとにかく「アメリカが重要なんです」っていうスタンスをとってますよね。

伊集院光:うん。

中村尚登:だけど、たとえばアジアにおける日本という位置はどうなんだ、とか。そういうことをトータルして考えていって、対応をしないと。

柴田理恵:うん。

中村尚登:とにかく、アメリカの言う「同盟として守る」っていうことだけをやっていれば、というね。この間、オーストラリアとの間では、結構ギクシャクしているんですよね、トランプさん。「同じ同盟国だ」って言われてたのに。

自ら擦り寄るのではなく、上手く立ち回る


伊集院光:だから、凄い矛盾したことを言うかもしれないけど、トランプさんは「安倍晋三が、ゴルフやりたいっていうからね」っていうトーンになっちゃうわけだけど。自分から、擦り寄る必要は僕はないと思う。

中村尚登:うん。

伊集院光:それは、いつも僕は思うんですけど。「周りと上手くやりながら、行かないと、大変なことになりますよ」っていう。一筋縄ではいかない人だから、と思うものの、向こうから「ゴルフやろうか」って言われちゃったり、「ゴルフやる?」って言われちゃえば、「行かないで事を荒立てるっていうのも、どうなの?」って思う。

柴田理恵:うん。

伊集院光:最終的なまとめは、「政治はまぁ難しい」っていう。「難しい人が来ちゃってるな」とは思いますけどね。

中村尚登:まぁ、確かにね。ちゃんとこれで、本当、上手く安倍さんがトランプさんのことを、上手く手玉にとれるようであれば。

柴田理恵:そうなのよね。

伊集院光:そう願いたいんですよ。

有馬隼人:トランプさんを、日本にお呼びする時に、今度は安倍総理がゴルフを企画して。たとえば、そこに他のアジアの首脳と一緒に回れる、とかね。そういう企画をして呼べると、今度はまた、価値が上がるじゃないですか。

伊集院光:試されるところですよ。基本的には、相当力の試されるところで。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ドナルド・トランプ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事