TOPたまむすび ≫ 山里亮太、両親が自分のことを「面白くない」と過去に思っていたと判明してショック「辞めさせよう、向いてない」

山里亮太、両親が自分のことを「面白くない」と過去に思っていたと判明してショック「辞めさせよう、向いてない」

2017.02.08 (Wed)
2017年2月7日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、両親とも自分のことを「面白くない」と過去に思っていたと判明し、ショックを受けたと明かしていた。



山里亮太:(両親と新潟の温泉に行って)母親と2人でさ、かまくら入って。


赤江珠緒:あら。

山里亮太:甘酒を飲みながら。

赤江珠緒:うわぁ。

山里亮太:「幸せだねぇ」なんて言って。

赤江珠緒:それは喜ばれたでしょ。息子さんとかまくら入って。

山里亮太:うん、そうそう。

赤江珠緒:そんなところに(笑)

山里亮太:入りましたよ。お母ちゃんと甘酒飲んで。「ありがとね」って。「いや、全然いいんだよ」と。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「孝行させてくれる?ちょっとくらいは」って話して。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「本当にね、昔、お父さんが本当は『(芸人)辞めさせろ』って話があってね」って。

赤江珠緒:おお。

山里亮太:「それ、さっき風呂で父ちゃんとしたよ」って。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「あの時、お父さんが凄いお母さんにね、言ってきたの。『就職先、全部お父さんが決めるから。辞めさせよう。向いてない』って」と。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「でも、お母さん言ってやったの。『いや、大丈夫だ。あの子の好きなだけやらせてあげよう』って」と。

赤江珠緒:うん。

山里亮太:「でも、ごめんね、亮太。お母さんもそんなに面白いと思ってなかった」って(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:「でも、お父さんに言われて、腹立って。面白いって言ってやろうと思って。実際は、あんまり面白くなかったよね」って言われて(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

山里亮太:結局、俺のことあんまり面白いと思ってないんだよね。

赤江珠緒:ああ、そうだったんですね(笑)そこ、夫婦だね(笑)

山里亮太:その後、不思議なのが、甘酒が一つも甘く感じなかったの。

赤江珠緒:ふふ(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事