TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、『家、ついて行ってイイですか?』に登場した小学校低学年アイドルのファンに「オジさんが…やっぱ怖い」

おぎやはぎ矢作、『家、ついて行ってイイですか?』に登場した小学校低学年アイドルのファンに「オジさんが…やっぱ怖い」

2017.02.03 (Fri)
2017年2月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、テレビ東京の番組『家、ついて行ってイイですか?』に登場した、小学校低学年アイドルのファンに、「オジさんが行くの。ちょっとやっぱ怖いのよ」などと語っていた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ 「おぎとやはぎでおぎやはぎです。別に、やはぎおぎでもいいんですけど」 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント 2007-11-21


Amazonで詳しく見る


小木博明:(男性アイドルグループに男性ファンが多いことで)俺らも、平然と言っていいんだよ。

矢作兼:堂々と「千葉雄大君抱きたい」って言ってていいのね(笑)

小木博明:いいの、いいの。

矢作兼:もう変じゃないのね?

小木博明:納得できるんだよ、それはもう。周りは。

矢作兼:いや、そうかぁ。…『家、ついて行ってイイですか?』かな。色んな人、出てくるじゃない。女の子のアイドルの低年齢化っていうか。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:本当に、小学校の低学年くらいなの(笑)

小木博明:ふふ(笑)

放送作家・鈴木工務店:います、います。

小木博明:凄いな(笑)

矢作兼:で、オジさんが行くの。ちょっとやっぱ怖いのよ。

小木博明:それもちょっと、怖いね。

矢作兼:うん。

小木博明:だって、ウチの娘くらいってことだもんね。小3だから。

矢作兼:ああ、そうそう。オジさんのお客さんがついてんの(笑)

放送作家・鈴木工務店:お客さんって(笑)ファンの方がね(笑)

矢作兼:カメラ持ってて。

小木博明:可愛いけど、たしかに。

放送作家・鈴木工務店:子供の感覚。

小木博明:もちろん、そういう目で見てもらってるんですよね。

放送作家・鈴木工務店:娘の感覚じゃないですかね。

矢作兼:ただ、言ってたのは、青田買いなの。

小木博明:そうなんだろうね。

矢作兼:変なアレじゃなくて、凄い早めから目をつけてて。

小木博明:うん。

矢作兼:その子がテレビ出だすと、興味ないんだって。

小木博明:ああ。本当にお笑いの青田買いのファンって、そうだもんね。

矢作兼:ライブに来る、あの感じに近かった、聞いてたら。「あの子なんか、あの時から知ってるけどね。最近、売れてきたけどさ」みたいな話してた。

小木博明:ああ、そうなんだ。低年齢化が凄いんだな。

矢作兼:男も女も。

小木博明:そう。そういう世の中になってきてんだよ。

矢作兼:これは良い時代なのか分かんないけど。

小木博明:うん。

矢作兼:それはしょうがないか。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

本日の注目記事