TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、トランプ大統領の入国禁止令に対して無効を求める訴訟に言及「アメリカの持つバランスが上手く機能して欲しい」

伊集院光、トランプ大統領の入国禁止令に対して無効を求める訴訟に言及「アメリカの持つバランスが上手く機能して欲しい」

2017.02.02 (Thu)
2017年1月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、中東・アフリカの7カ国の国民の米国への入国を一時禁止したトランプ米大統領の大統領令に対し、無効を求める訴訟が起こっていることについて、「アメリカの持つバランスが上手く機能して欲しい」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:企業によっては、トランプさんの強引なやり方で、「かなり景気が刺激されるから、良いんじゃないか」という、その声明を出す企業も、偉い人とかもよくニュースとかでよく見ますけど、俺、それも含めて、あまり良くないんじゃないの、と思ってしまう。

内山研二:だから、短期的にはそういう現象が起きるから良い。これが中期的に、あるいは長期的に見たら、いわゆる揺り戻しという言い方ができるかと思うんですが、何が起きるか、ということをきちんと見定めてやらないと。こういう国を引っ張る人って、そこを見てやらないといけないんですけどね。

伊集院光:今回、トランプ大統領のことで「アメリカの大統領の力は、物凄い強いんだな」ということを、僕なんかはね、元々無知だから、凄い再確認するんですけど。今までの大統領は、だからこそ慎重だったんだな、というのもちょっと思いますね。

内山研二:だから、本当にこれだけ大統領令には権限がある。力が強いんだけれども、今までの大統領は、それがわかっていたから、抑えていたというところがあるんですけどね。今回は、全然違いますね。

伊集院光:これを無効にしよう、みたいな裁判が。

内山研二:もうね、さっきもニュースにありましたけど、無効にするには大きく分けると2つあるようですね、1つは議会がこの大統領令を無効にするまたは変更するという法律を作る。これが1つです。

伊集院光:はい。

内山研二:もう1つは先程のように裁判で。最高裁が例えばこれは憲法違反であるという判断が出た場合はこの大統領令を無効にすることができます。ただ時間がかかります。

伊集院光:アメリカという国が持っているそういうバランスというのかな、何かそういうことが上手く機能して欲しいと思いますけどね。

内山研二:そうですね、はい。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事