TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 土田晃之、稀勢の里が「日本出身」横綱と強調されることに疑問「どこ出身の横綱とか、あまり関係ない」

土田晃之、稀勢の里が「日本出身」横綱と強調されることに疑問「どこ出身の横綱とか、あまり関係ない」

2017.01.31 (Tue)
2017年1月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、稀勢の里が「日本出身」横綱であったり、「日本人力士」での横綱と強調されることに疑問を呈していた。

納得させる話力
納得させる話力

土田晃之:稀勢の里ね。「日本出身横綱」を凄い謳ってくるけど、「そんなに大事なの?」って思いますよね。「いやいや。その間、モンゴル出身力士が、どれだけ頑張ってくれたの?」みたいなのもあるから。

「日本出身だから、凄い応援しよう」みたいなことだとするならば、外国人力士を最初から入れなければ良いし。別に、相撲はワールドワイドなスポーツでもないわけだから。日本だけでやっているもので、サッカーとかと違うわけだからさ。

でも、そうじゃなくて、外国人も入れて、やっぱり強い力士を見たい、というのでやっていることで、どこ出身の横綱とか、あまり関係ないから。日本人出身とか、日本出身とか、あまり関係ないもんな、と思いながら。

でも、良かったのは良かったと思いますけどね。もう、苦労されての横綱ということですもんね。あまり僕、相撲詳しくないからあれなんですけど。もちろん、稀勢の里さんの顔と名前は、もちろん分かりますけどね。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,稀勢の里,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事