TOPナイナイのANN ≫ ナイナイ・岡村「出川哲朗とのめちゃイケでの相撲で腰痛に」

ナイナイ・岡村「出川哲朗とのめちゃイケでの相撲で腰痛に」

2011.04.24 (Sun)
2011年04月21日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、めちゃイケの『近くにいきたい』企画のロケで、出川哲朗と相撲をとり、そこから腰痛になってしまったことを明らかにしていた。

岡村「今日は、スペシャルウィーク、『エッチが上手い王座決定戦』というわけなんですけど、ワタクシ、ちょっとベースケのしすぎで、腰の方ちょっとイワしてましてね」

矢部「腰、ホンマにイワしてんもんな」

岡村「ベースケのし過ぎでね」

矢部「コルセット巻いてるもんな」

岡村「ベースケのし過ぎでね」

矢部「あんまり言うと、ウソってばれますって(笑)」

岡村「あの…腰がね、かなり高速で動かすもんですから。カブトムシのごとく」

矢部「ふふっ(笑)カブトムシ、高速なんですか?」

岡村「カブトムシの交尾の如く、腰を動かすもんで、腰が悲鳴を上げた、といいましょうか」

矢部「ええ」

岡村「生まれて初めてなんですよ。腰が痛くなるというのは」

矢部「スゴイね」

岡村「今日、スポーツマッサージに行って、針を打ってもらって、大分よくなったんですけど。腰の動き方が、尋常じゃないんでしょうね」

矢部「…すいません、ホンマは何の理由なんですか?誰も本気にしてないんで。ホンマにどうしたのかって心配されてる方もいらっしゃると思うんですよ」

岡村「これはね、出川哲朗との相撲」

矢部「めちゃイケで」

岡村「ええ、相撲とったんですけど、あのとき、出川哲朗に投げ飛ばされまして、みなさんが思ってるよりも、あの土俵、固かったんですよ」

矢部「ああ」

岡村「固い上に、あの縄の部分ありますよね、そこに右ケツをドン、と打ちましてね」

矢部「あそこ、固いもんな」

岡村「その時、ちょっと痛いなって思ったんですけどね。安静にしてれば良かったんですけど、セッ○スをしないとダメなもんですから」

矢部「プレイボーイですからね」

岡村「セッ○ス依存症みたいなところがありますから」

矢部「気をつけた方が良いですよ(笑)」

岡村「マイケル・ダグラス、岡村・ダグラスって言われてますから、ちょっと多少痛くっても、腰を振ってしまうんですよね。でも、今日は『エッチが上手い王座決定戦』ですからね」

矢部「ええ(笑)今日、不利じゃないですか?そんな腰で」

岡村「サッっといきますよ」

矢部「…太いですね、そのウェストのジェスチャー」

岡村「僕は太めが好きですからね」

矢部「ホンマ、気をつけんと。ホント、あなた、ガタが来すぎですよ(笑)」

岡村「本当にね、このまま行くと出川哲朗みたくなってしまいますからね」

矢部「ホンマですよ。出川さん、杖までいってましたからね」

岡村「ヘルニアでしょ、あの人。こっそり乱入、というのが多いものですから、あの人、コッソリ舞台裏にスタンバイするもんですから、杖をついてると音がなってしまって。だから、下にタオル巻いて、バレないようにしてはりましたから」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「手術して、良くはなりましたからね」

矢部「でも、旅猿の時、一緒に寝て、その時にずーっと腰を叩いてたんですよ。それで、全然眠れなくて(笑)岡村さんもそうだったでしょ?」

岡村「トントンよりも、ヤツのいびきで眠れなくて。何なのやろ…いびきくらいせぇへんかったら良いのに」

矢部「何十苦や、と(笑)」

岡村「ふふっ(笑)」

矢部「まとめたら、日本のクズなわけでしょ」

岡村「日本の恥ですよね、海外に行ったら」

矢部「まあ、そうですよね」

岡村「ヌーディスト・ビーチ、そして、恐らく放送されないでしょうけど、台湾で5 Kgの重りをキンタマに付けての出血」

矢部「はっはっは(笑)」

岡村「日本の恥ですよね」

矢部「出血したらダメですよ」

岡村「そこまで頑張る必要はないんですよ」

矢部「出血前で止めないと」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイ・岡村が語る「出川哲朗は日本の恥」

ナイナイ・岡村「出川哲朗の行き過ぎた芸人魂」

ナイナイ・岡村「出川哲朗のテレビでは見せられない姿」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,出川哲朗,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

本日の注目記事