TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、パーマ大佐に替え歌が問題となる以前「『森のくまさん』は、権利関係がデリケートな歌」と忠告していた

伊集院光、パーマ大佐に替え歌が問題となる以前「『森のくまさん』は、権利関係がデリケートな歌」と忠告していた

2017.01.22 (Sun)
2017年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『森のくまさん』の替え歌のネタを行っているパーマ大佐に、その曲は「権利関係がデリケートな曲」であると忠告していたことを明かしていた。

童謡『森のくまさん』の日本語歌詞を作詞した作詞者・馬場祥弘氏は、同曲の替え歌を作ったパーマ大佐および、CDを発売したレコード会社のユニバーサルミュージックに対し、販売中止を求める通知書を送っている。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:家を出る直前にね、朝刊が届いて。

柴田理恵:はい、はい。

伊集院光:僕は、何紙も新聞とるんですけど。その中のスポーツ新聞をパッと開いたらね。

柴田理恵:ええ。

伊集院光:一面の頭に、芸能面の一番トップね。「森のくまさん 替え歌酷すぎ パーマ大佐訴えられる」っていう、デカいのがドーンと入ってきて(笑)

柴田理恵:ふふ(笑)

伊集院光:パーマ大佐、この番組のレギュラーレポーターやってもらってるんで。「パーマ、おわっ!」って、朝、始まって(笑)

柴田理恵:ビックリしたねぇ。

伊集院光:今日、朝のワイドショーなんか、結構、取り上げられてんだけど。なんかさ、リスナーの皆さんも、このニュース入ってくれば、それは心配だろうし。「伊集院、身内の話はしないのかい?」って思われるのも癪(しゃく)だから、頭から持ってきたんだけど。

柴田理恵:うん。

伊集院光:事情としてね、『森のくまさん』を作詞してる方って、『森のくまさん』って歌が、とてもデリケートで、わりと揉めごとが起きやすいんですよ。

柴田理恵:へぇ。

伊集院光:凄く大事にしてる方なんでしょう。「替え歌とかを、やらない方がいいよ」って。僕、実はデビューした頃、替え歌なんですよ。

柴田理恵:あ、そうなの?

伊集院光:ラジオデビューした頃は、まぁ酷い下ネタの替え歌をしてて。

柴田理恵:ああ。

伊集院光:その時に、これは慣例だから司法的にどうなのか分からないけど、「ライブとかでやる分にはいいけど、レコードもしくはビデオで出したいと思った時に、何個かの曲に関しては、デリケートなものがありますよ」っていうものの中に入ってたの。

柴田理恵:知ってたんだ?それ。

伊集院光:俺は知ってた。だから、パーマにも…パーマ大佐と初めて会った時に、日刊スポーツは替え歌酷いって言うかもしれないけど、お笑い的には、とても面白い替え歌だと思ったので。

柴田理恵:うん。

伊集院光:「『森のくまさん』のネタ、凄い面白いけど、結構デリケートな曲だって俺は、聞かされてたよ」って話はしてたの。

柴田理恵:うん。

伊集院光:そしたら、これCD出ることになった時に、「おおっ、アレ、出んのかい?」って聞いたら、本人満面の笑顔で、「事務所と、さらにはレコード会社の人達が尽力してくれて、手続きをしてくれたお陰で、晴れて出せることになったんですよ」って。

柴田理恵:「あら、良かったじゃない」って思うわね。

伊集院光:って言ってた矢先のこれだから。あいつ、今頃、パンチパーマみたいになってビックリしてると思うよ(笑)

柴田理恵:はっはっはっ(笑)髪の毛が(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,パーマ大佐,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事