TOPたまむすび ≫ 山里亮太、胃アニサキス症で感じた激烈な胃の痛みを「一寸法師が戦った、鬼の気持ちが分かった」と表現

山里亮太、胃アニサキス症で感じた激烈な胃の痛みを「一寸法師が戦った、鬼の気持ちが分かった」と表現

2017.01.18 (Wed)
2017年1月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、寄生虫アニサキスによる、胃アニサキス症で感じた激烈な胃の痛みについて、「一寸法師が戦った、鬼の気持ちが分かった」と表現していた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る


赤江珠緒:こんにちは、赤江珠緒です。

山里亮太:火曜パートナー、南海キャンディーズ・アニサキス亮太です。よろしくお願いします。

赤江珠緒:アニサキス亮太さん(笑)いや、ご無沙汰ですよ。お久しぶりですよ(笑)

山里亮太:収録というのも挟んでますんで、あけましておめでとうございます。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)もう、とうに明けておりますけどね、世の中ね。

山里亮太:すみません(笑)

赤江珠緒:でも、良かった。先週、山里さんが急遽お休みになって。

山里亮太:ええ。大体、この2時間ぐらい前になりますかね。急に、千代田線のですね、有楽町駅で、鬼のような腹痛に襲われまして。

赤江珠緒:そうだってねぇ。いや、それは大変でした。でもね、私、完全に山ちゃんの呪いだと思ったから(笑)

山里亮太:はい、はい。

赤江珠緒:あなたが出してる、呪術の逆に掛かる人っているじゃない?自分が出した呪術が、「ああ!自分にかかる」って(笑)

山里亮太:人を呪わば、穴二つ。

赤江珠緒:アレだと思ってたから。ちゃんと、「アニサキス」って病名ついたんだっていう。

山里亮太:そういう、医者の判断で、です。

赤江珠緒:出ましたか。

山里亮太:ええ。私、日頃、色んな人に、恨み・妬み・嫉みを言ってるから、それが全部、今、ドッと返ってきた。

赤江珠緒:跳ね返ってきたと思います(笑)

山里亮太:だとしたら、寄生虫は小さすぎる。俺の日頃の、アレを返してこようとするなら。

赤江珠緒:そうですね。アニサキスってことは、胃腸炎ですか?

山里亮太:胃腸炎ですね。お刺身の中に入ってる、小さな寄生虫さんが、一緒に私が、飲むように食べてしまったためにですね(笑)

赤江珠緒:これはでも、辛かったそうですね、これは。

山里亮太:辛かった。

赤江珠緒:当たった人は、みんな言いますもんね。

山里亮太:ビックリした。中に、誰か入ってきて。「ヤァーッ!」って、俺の胃を掴んでるみたいな感じ。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)一寸法師ぐらいしか、入れないですけど(笑)

山里亮太:だから俺は、初めて分かったね。一寸法師が戦った、鬼の気持ち。あれ、中に入って暴れたでしょ?

赤江珠緒:「勘弁、勘弁。降参です」って(笑)

山里亮太:「もう、許してくれ。村は襲わん。人の悪口は言わん」って。「ちゃんと、又吉の次回作も応援する」って(笑)

赤江珠緒:そんな気持ちになりますか(笑)

山里亮太:そんな気持ちになりましてですね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 山里亮太,アニサキス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事