TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、近所にある講談社が編集次長・朴鐘顕容疑者の事件取材で報道陣が詰めかけていたことに驚く「何これ?」

伊集院光、近所にある講談社が編集次長・朴鐘顕容疑者の事件取材で報道陣が詰めかけていたことに驚く「何これ?」

2017.01.12 (Thu)
2017年1月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、近所にある講談社で、『モーニング』編集部編集次長・朴鐘顕容疑者の事件取材で報道陣が詰めかけていたことに驚いた、と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:本当に、私事なんですけど。

内山研二:ええ。

伊集院光:私、家がもう、講談社のすぐそばなんですね。

内山研二:ああ、そうですか(笑)

伊集院光:それで、昨日の夜とか。「ちょっと、走ろうかな」って、出ようと思ったら、講談社の前が、まぁ取材でごったがえしてて。

内山研二:ああ、そうですね。

伊集院光:「何、これ?」っていう話を、家内としたら、どうやらこういう事件が起こってる、みたいな話なんですけども。

内山研二:うん。

伊集院光:まぁ、その作品名を聞く限り、相当、敏腕編集者というか。しかも、エリートな感じなんですけどね。何があったのか。

内山研二:事件そのものはね、去年の8月のことで、ちょっと前ではあるんですけどね。

伊集院光:はい。

内山研二:最初に、奥さんが亡くなって。最初は、「階段から落ちたんだ」と。そしたら、もうちょっと調べてみると、実は「首を吊って自殺をしたんだ」と。どうも、供述と言いますか、話が変だなということで調べていくと、やっぱり、まずその自殺をする動機とか、その辺がよく分からないと。

伊集院光:なるほど。

内山研二:それから、首を吊って自殺をしたと言った場所に、自殺をした痕跡が見当たらない。まぁ、あまり良い話ではないんですが、失禁をするとか。

伊集院光:はい、はい。

内山研二:ありますでしょ?そういうのがみつからない。あと、その首を吊ったとされている衣類に、奥さんが首をかけたという痕跡が見つからない、と。

伊集院光:うん。

内山研二:というようなことから、これがまぁ、殺害したのだろうと。殺人容疑ということになったようですけどね。ただ、ちょっとまだこれは、はっきり分かりませんけれども、「奥さんが子育てについて、愚痴を言っていた」と。

伊集院光:ああ。

内山研二:これが、トラブルになったいうことを、任意の事情聴取に対して、この容疑者は話をしている、と。そうすると、子育てのことが少し原因、トラブルとしてね、この事件は…まだ、はっきり分かりませんけど。

伊集院光:はい、はい。

内山研二:子供が、4人いるらしいんですけどもね。そういう子育てについてのトラブルが、夫婦間のトラブルが、こういう事件になった可能性はあるね、というところが今日わかっている情報なんですけどね。

伊集院光:一方で、この朴(鐘顕)容疑者は、育メンに関して、凄い理解があって。そういう文章を書いたりもしてる、みたいな側面もあって。

内山研二:そうみたいですね。育休制度も利用しているとかね、積極的に子育てに関わっていて、ツイッターなどでもね、随分、積極的な発言をしているというふうな話もありますのでね。

伊集院光:うん。

内山研二:これは、どういうことなのか、というのはまだまだ続報が出てみないと分からない部分があるんですが。

伊集院光:そうですね。まぁ、あと漫画ファンからしてみると、せっかく『進撃の巨人』とか『聲の形』とか、名作漫画の名前が、こういうことに出るのは、あんまりね。

吉井歌奈子:そうですね。

内山研二:そうね、確かにね。

伊集院光:良くないというか、嬉しいことじゃないですね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事