TOPアッパレやってまーす! ≫ ノンスタ石田、当て逃げで芸能活動自粛中の相方・井上は「トークも追い抜くクセがあった」と発言

ノンスタ石田、当て逃げで芸能活動自粛中の相方・井上は「トークも追い抜くクセがあった」と発言

2017.01.12 (Thu)
2017年1月11日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週水 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・NON STYLEの石田明が、当て逃げで芸能活動自粛中である相方・井上裕介は「トークも追い抜くクセがあった」と発言していた。

NON STYLE 12 前編 2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと
NON STYLE 12 前編  ~2012年、結成12年を迎えるNON STYLEがやるべき12のこと~ [DVD]

西川貴教:井上、前に出過ぎて、お前、喋らへんようになったやん(笑)

ケンドーコバヤシ:うん。

西川貴教:前まで、あんなにいっぱい仕切ってくれてたのに、井上が凄い喋るから、途中であくびしてる時、多なったで。

ケンドーコバヤシ:うん。

西川貴教:この6~7年の中で、「最近、あくび多いな」って思ったで、俺は。

ケンドーコバヤシ:うん。

西川貴教:「あ、コイツ、ホンマに井上のこと嫌いなんやな」って思ったもん。

向井慧:そんなことないですよね(笑)

石田明:いや、だからね、井上は結局トークもね、追い抜くクセがあったんですよ。

向井慧:はっはっはっ(笑)

石田明:アカンところから、追い抜くクセがあるんですよ。

向井慧:石田さん(笑)「追い抜く」とかやめましょう(笑)

石田明:一緒にいてて、僕、あんまり喋らへん、みたいなことあるじゃないですか。

西川貴教:あった、あった。

石田明:違うんですよ。僕、直進レーンにおったんですけど、アイツ、右折レーンから曲がってくるヤツなんですよ。

向井慧:やめましょう、石田さん(笑)それになぞらえるのはなしです(笑)

石田明:いや、ただのたとえですから、俺。皆さんが敏感になり過ぎてるだけです。

柏木由紀:そうですね(笑)

石田明:俺は、ただのたとえを言ってるだけですから。気にしないで。

向井慧:過剰になっちゃってるんですかね(笑)


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : NON,STYLE,井上裕介,石田明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

本日の注目記事