TOP土田晃之 日曜のへそ ≫ 出川哲朗、「70歳までリアクション芸を」やろうと決めた理由は「一緒にやってる、デヴィ夫人みたいになりたい」

出川哲朗、「70歳までリアクション芸を」やろうと決めた理由は「一緒にやってる、デヴィ夫人みたいになりたい」

2017.01.12 (Thu)
2017年1月8日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・出川哲朗が、「70歳までリアクション芸を」やろうと決めた理由は「一緒にやってる、デヴィ夫人みたいになりたい」からである、とダチョウ倶楽部・肥後克広が明かしていた。

イッテQ! エブリデイ出川語録
イッテQ! エブリデイ出川語録 ([実用品])

上島竜兵:この間、哲っちゃんと…

土田晃之:はい、出川さん。

上島竜兵:久々に仕事一緒にして、その後、飲んだんですよ。

土田晃之:はい、はい。

上島竜兵:そしたら、哲っちゃんが言ってたね。「70までやりましょうよ。お互い」って。

土田晃之:ああ、リアクションを?

上島竜兵:そう。お互い、若手とかそんなんじゃなくて。

肥後克広:真面目な話になって。「やっぱり、出川っていうのがいて、ここにダチョウ倶楽部っていうのがいて、車輪なんだ」と。

土田晃之:まぁ、ライバルですね。

上島竜兵:うん。

肥後克広:ライバルであり、戦友であり。両方が共存しないとダメだ、と。

土田晃之:たしかに。誰か一人になっちゃダメだと思うんですよ。出川さんも、ダチョウさんがいる現場だと、より一層張り切りますもんね。

肥後克広:うん。

土田晃之:上島さんなんて、特に普段は何もしたがらないけど、出川さんがいる時だけ、唯一、「哲っちゃん、それやるって?哲っちゃんやるなら、俺もやるわ」って言いますもんね。

上島竜兵:そうなんだよ。

肥後克広:「やろう」と。そうですね。お互い、頑張ろうと。大体、「70までやろう」って。肥後ちゃんなんか、そろそろ着地しようとして、車輪出てるって思って(笑)

土田晃之:着陸態勢入ってんのに(笑)

肥後克広:着陸態勢入ってんのに、「70まで」って、「もう一回、車輪閉まって上がるの?」って。

土田晃之:そっか、そっか。

肥後克広:言ってたのが、「僕は、一緒にやってるデヴィ夫人みたいになりたいんだ」ってね(笑)

土田晃之:まぁ、デヴィさんがまた、仕事NGないんだよね。

肥後克広:デヴィ夫人が70過ぎて、未だに空中ブランコとかやってるから、「ああいうふうになろう」っていう。

土田晃之:ワイヤーで吊るされてね、壁ぶち抜いて登場したりでしょ?

上島竜兵:そう、そう(笑)だから、そうなろう、と。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 土田晃之,出川哲朗,ダチョウ倶楽部,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

本日の注目記事