TOPタモリのオールナイトニッポン ≫ タモリ、吉田拓郎以降の曲の歌詞に「一人称」が登場するようになったと指摘「この頃からガラッと変わりました」

タモリ、吉田拓郎以降の曲の歌詞に「一人称」が登場するようになったと指摘「この頃からガラッと変わりました」

2016.12.31 (Sat)
2016年12月30日放送のニッポン放送系のラジオ番組『タモリのオールナイトニッポンGOLD』にて、タモリがシンガーソングライター・吉田拓郎について語り、今まで「一人称」を入れることを避けてきた歌詞が、「私はこう考える」といった内容になり、大きく変わってきたと指摘していた。

タモリ
タモリ

タモリ:昭和46年、多分(吉田拓郎と)同じ世代なんですよね。

能町みね子:はい、そうですよね。

タモリ:僕は26くらいの時なんで。だから、こういう歌がガラッと変わるっていうのは、気持ちがよく分かるんですが。今までは、なんかしら歌詞というものは、「主語を言ってはいけないんじゃないか」っていうことがありましたよね。

能町みね子:ああ、はいはい。

タモリ:一人称、単数を。

能町みね子:「私」と言わない。

タモリ:考えるに、和歌の影響が脈々とあるんじゃないか、と。

能町みね子:ああ。

タモリ:それが良いんだ、と。自分の心情を風景に託すってことは要らないんじゃないか、と。「私はこう考えた」「私はこう考えてる」って、新たにこういう歌(『今日までそして明日から』)が出てきたんですが。

能町みね子:この辺から、主張し始めたんですね?

タモリ:ええ。でも、主語があって、ここまで長いとちょっとクドいっていう(笑)

能町みね子:ふふ(笑)ちょっと主張が激しい?

タモリ:ちょっと「主張が激しいなぁ」っていう(笑)

能町みね子:ふふ(笑)

タモリ:だから、主語ってものは、使い方によっては良くないんだよね。

能町みね子:押しが強くなりますね。

タモリ:押しが強くなるんだよね。一時期、よくテレビなんかでも、中途半端な人がよく言う…「中途半端な人」って言っちゃいけない(笑)

能町みね子:誰なんでしょうね(笑)

タモリ:「日本語っていうのは主語がないんで、文章に対して責任をとらない」なんてバカなことを言ってた人がいるんだけど。

能町みね子:バカなこと(笑)

タモリ:そんなことはないんですよね。

能町みね子:やり方がありますからね、日本語には日本語の。

タモリ:でも、この頃からガラッと変わりましたね。

能町みね子:ああ。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : タモリ,吉田拓郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  タモリのオールナイトニッポン

本日の注目記事