TOPたまむすび ≫ 玉袋筋太郎、『龍が如く6』にビートたけしが登場し「『龍が如く』の長いストーリーに融合して作品」になっていると語る

玉袋筋太郎、『龍が如く6』にビートたけしが登場し「『龍が如く』の長いストーリーに融合して作品」になっていると語る

2016.12.26 (Mon)
2016年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・浅草キッドの玉袋筋太郎が、『龍が如く』シリーズ最新作・『龍が如く6 命の詩。』にビートたけしが登場し、「『龍が如く』の長いストーリーに融合して作品」になっていると語っていた。

龍が如く6 命の詩。
龍が如く6 命の詩。 - PS4

安東弘樹:『龍が如く』ですよ、今日のゲストの。

玉袋筋太郎:名越稔洋さんが。ゲームの作者ですよね(株式会社セガゲームス取締役兼開発統括本部統括本部長)。

安東弘樹:玉さんは、もう何度か。

玉袋筋太郎:800万本。もっとか、900万本か…累計800万本。

安東弘樹:800万?「そんなに人口いましたっけ?」っていうくらい。

玉袋筋太郎:いやぁ、凄いんですよ、このゲームを作ってくださった人。

安東弘樹:玉さんもね。

玉袋筋太郎:で、最新作には、ウチの師匠。

安東弘樹:そうです。

玉袋筋太郎:ビートたけしが出てるわけですよ。

安東弘樹:そうですね。

玉袋筋太郎:『龍が如く』というストーリー、大河ストーリーの中に、ビートたけしが入ってくる、と。

安東弘樹:ソックリでね、しかも(笑)

玉袋筋太郎:ソックリですよ。俺、思わず土下座したんですから。「すみません」って(笑)

安東弘樹:ふふ(笑)習性ですね(笑)

玉袋筋太郎:「怖ぇ」って。

安東弘樹:本当にこのCGは凄いですね。

玉袋筋太郎:ビートたけしと、『龍が如く』というね、反社会的なところを描いている部分のあるゲームなんですけど。

安東弘樹:はい。

玉袋筋太郎:そこがグーッと長い歴史の中に、ビートたけしが融合して、その作品になるわけじゃないですか。

安東弘樹:はい。

玉袋筋太郎:それが凄い、そのストーリーが。

安東弘樹:皆さん、当然許可を得てキャストされてるんですけど。豪華メンバーなんですけど、だからこそ皆さん集まるってことなんですかね。キャストは。

玉袋筋太郎:じゃないですか。人の輪ができる。

安東弘樹:ギャラだけでも…とか、色んなことを考えちゃうくらい豪華キャストですよ。

玉袋筋太郎:そういうストーリーに、殿が織り込まれてっていうか、練り込まれて出てくる。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 玉袋筋太郎,ビートたけし,龍が如く,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事