TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、ドイツ・ベルリンでクリスマス市にトラックが突っ込んだ事件に言及「警戒するのも難しいし」

伊集院光、ドイツ・ベルリンでクリスマス市にトラックが突っ込んだ事件に言及「警戒するのも難しいし」

2016.12.23 (Fri)
2016年12月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月曜-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ドイツ・ベルリンでクリスマスマーケットに難民と思しき人物がトラックで突っ込んだという事件について、「トラックがテロの武器だとすると、それでもうもはや、あまりに身近過ぎて、警戒するのも難しい」などと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:なかなかまだ詳細なところは入ってきていないとうニュースが多いんですが、ドイツでトラックを使った、まあテロの可能性。可能性としかまだ言われていませんけど。

内山研二:はい。

伊集院光:トラックが、クリスマス市に突っ込んで9人死亡。

内山研二:そうですね。ちょうど夜の時間で、このドイツというのはクリスマス市ですね、市場。

伊集院光:はい。

内山研二:クリスマスの飾りですとか、お菓子なんか色んな広場で屋台がいっぱい出るようなんですね。ですから、観光客に人気があるということで、その中でこういう事故、事件が起きたということなんですが。

伊集院光:はい。

内山研二:9人が亡くなったんですが、容疑者が一人、身柄を確保されているというんですけど、背景が全然わからない、と。

伊集院光:はい。

内山研二:それから、フランスのニースで7月に起きた、同じようなトラックが突っ込むというテロがありましたけど。この時は、銃撃も起きているのですが、今回は少なくとも容疑者が銃を撃ったという情報はないんですね。

伊集院光:「テロの可能性」なんで、まだ分かりませんけど。

内山研二:分かりませんけどね。

伊集院光:これ、テロだとすると、フランスの時に「そういう時代で、ショッキングだな」と思って。僕のイメージのテロは、爆弾を作っていたりとか、前々からマークされている組織が、計画を凄い練って始めるイメージなんですね。

内山研二:ええ。

伊集院光:だけど、トラックがテロの武器だとすると、それでもうもはや、あまりに身近過ぎて、警戒するのも難しいし。

内山研二:事前に察知するのは、非常に難しいんだと思いますね。

伊集院光:そうなんですよ。刃物を持って刺して回る。だけど、それはテロ声明が後に出る、みたいなことが多いじゃないですか。その恐怖みたいのはありますね。

内山研二:そうですよね。また、これはソフトターゲットと言われる人が多く集まっている場所、たとえば特定の警戒されている政府の重要人物がいる場所とか、そういうことではなくて。

伊集院光:なるほど。

内山研二:起きてしまうんですね。

伊集院光:なるほど。自分達が、反対しようとしている政治とかのシンボリックなところを狙うとかではなくて、人がいっぱいいるんだというところ。これがテロだとすると、こういうことになるということですね。まぁ、ちょっと概要は、全容はまだはっきりしていない。

内山研二:そうですね。これからまた、情報が来ると思いますが。


同番組の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事