TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、オスプレイ不時着に関するアメリカ側の言い分に疑問「分かってる?自分達が今、沖縄の人にどう思われてるか」

伊集院光、オスプレイ不時着に関するアメリカ側の言い分に疑問「分かってる?自分達が今、沖縄の人にどう思われてるか」

2016.12.17 (Sat)
2016年12月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、沖縄県名護市安部の海岸で13日夜に起きた米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ墜落事故について、アメリカ側の言い分に、「分かってる?自分達が今、沖縄の人にどう思われてるか」と疑問を呈していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:まずは、オスプレイなんですけれども。

中村尚登:はい。

伊集院光:普通に、ニュースとして、最初は音声のニュースとして我々に入ってきた時に、「不時着」って表現を使ってて。「あ、不時着したんだ」って思ったんですけど、映像のニュースを観ると、「不時着って言葉でこれは良いのか?墜落?」って。

柴田理恵:折れてましたよね。

中村尚登:まぁ、大破してましたからね。

伊集院光:ねぇ。「不時着」は、僕らのイメージで言うと、ちゃんと着陸しているイメージ。指定の場所ではないのだけれども、とっさにどこかに着陸しているのを、「不時着」っていうイメージですが。

中村尚登:そうなんですよね。今ね、僕、さっき気になって広辞苑を引いたんですよ(笑)

伊集院光:はい、はい。

中村尚登:そしたら、広辞苑では「航空機が飛行中故障、または燃料の欠乏のため航続不能となり、予定しない時、予定しない地点に降りること」が不時着陸である、と。

伊集院光:はい、はい。

中村尚登:ただ、だから壊れたかどうかって、確かに書いていないんですよね、これね(笑)

伊集院光:ああ、なるほど。

中村尚登:それで、自衛隊の説明でいうと、「機体のコントロールを失った状態で、着陸または着水する状況が墜落なんだ」と。それで、「パイロットの意思で着陸、または着水した場合は、これは不時着不時着水と言うんだ」と。というのが、防衛省の見方なんですね。

伊集院光:はい。

中村尚登:だから、そういう意味でいくと、今回はアメリカ軍の説明では、普天間基地に戻ろうとしたんだけれども、普天間基地っていうのは、市街地に囲まれてますので「危険だ」と判断してキャンプ・シュワブに向かう、と予定地を変更して。そこで降りた、と。

柴田理恵:それは、なにか不具合があったからじゃないの?

中村尚登:訓練中だったんですね。空中給油の訓練をしている時に、パイプが切れて。給油のパイプが切れて、プロペラが損傷したんです。だから、そのままだと戻れないかもしれないからというので、市街地を避けて、キャンプ・シュワブ方面に行った、と。

伊集院光:はい。

中村尚登:よく考えてみたら、だからそうやって、アメリカ、昨日は国務省の国務次官補も、「日本人の命は救えた」と。「その代わり、アメリカ人の命が危険に晒された、と言えるんだけどね」っていうふうなことを言ってるんですね(笑)

伊集院光:それもさ、アメリカ側が言ってるじゃないですか。言い方としては、「こんなに頑張って、市街地に落とさないように努力してこうなったわけだから、文句を言われるどころか、ある程度、感謝して欲しい」みたいなこと言うでしょ。

中村尚登:はい。

伊集院光:俺、これはね、とてもじゃないけど、「分かってる?今、どうなっているか。自分達が今、沖縄の人達にどう思われているか」ということを少なくとも把握してたら、この発言にはならないでしょうっていう。

中村尚登:今、確かに普天間基地の返還問題ってあるわけじゃないですか。それで、辺野古のところに代替地を作ろうというのと、それと同時にまた北部訓練所の一部が今月、返還されるんですね。

伊集院光:はい。

中村尚登:それも控えているので。「ほら、普天間は危険でしょ?やっぱり」というのを、言いたいというのもあったんでしょうね。アメリカ軍側にしても。

伊集院光:うん。

中村尚登:「だから、できるだけ早く辺野古のほうを進めて下さいよ」と。そうすると、「もし、仮にこういう状況が起きても、沖合いのところで済むじゃない?」と、「危険に晒さないんだから」と。

伊集院光:はい。

中村尚登:そういうことが言いたかったということが、当然あるんでしょうけども、でも、「不時着ですよ」というわりには、キャンプ・シュワブに向かってたけど、キャンプ・シュワブまで届いていないわけですよね(笑)その段階で、「はっきり言ってコントロールを失っているんじゃないの?」というような、見た感じはしますけどね。

伊集院光:「出て行って欲しい」という人もいる。それと、アメリカの軍人さんからすれば、「守ってあげてんじゃん」という意識があるのも分かる。分かるけど、「この現状を把握してたら、「使わない方が良い言葉ってのは、あると思うよ」っていうのが、僕、ちょっとあるんですけどね。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事