TOPたまむすび ≫ 博多大吉、M-1審査員を務めるにあたって「全11大会の決勝全コンビを審査」するトレーニングを行ったと告白

博多大吉、M-1審査員を務めるにあたって「全11大会の決勝全コンビを審査」するトレーニングを行ったと告白

2016.12.17 (Sat)
2016年12月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、M-1グランプリ2016の審査員を務めるにあたって、全11大会の決勝全コンビを審査するトレーニングを行ったと告白していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:今年のM-1って凄い良くて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕としてはね。関わらせていただいたのも、本当に光栄なことだったし。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:若手もみんな面白かったでしょ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:近年、稀に見ぬ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:大体、一組くらいスベるじゃない?

赤江珠緒:うん、たしかに…いやいや、スベるかどうかは分からないけど(笑)

博多大吉:ふふ(笑)

赤江珠緒:決勝とか、本当に誰を選んでいいのか、自分でも「これは難しい」と思いましたもんね。

博多大吉:僕ね、事前にね、審査員やるって決まってから…1ヶ月前くらいだったから、まだ時間があるから、「とにかくなんかやんなきゃ」って思って、全M-1の11回大会、去年までの全11回大会のDVDを全部会社から取り寄せて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:全部観て、全部点数つけて、練習してたんです(笑)

赤江珠緒:ええ?!

博多大吉:いかにしたら、この点数が出るのか、とか。細かく言うと、8項目くらい分けて。10点満点で。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、たとえば「新しさ」とか「客ウケ」とか「技術」とか。全部点数化してやっていったら、最終的には第7回大会くらいのときには、どんなものがきても、誰かの審査員と同じの点数が出るくらい。

赤江珠緒:ああ、チャートができたんですね。確立できたんですね。

博多大吉:ぶっちゃけ後半は上沼恵美子さんと同じ点数しか出ない、とか。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:それくらいのヤツができたんで、結構、自信をもってやってたんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕の中では、一番大事なのは、起きにいっちゃいけないんだ、と。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:90点、91点、89点のあたりで点数をうろちょろさせるのは、視聴者が見てて、「コイツ、度胸ねぇな」とか。「審査員ならハッキリしろよ」みたいに思われると思ったんですよ。

赤江珠緒:色んなプレッシャーがあるな。なるほど(笑)

博多大吉:僕の中では、3,500組から選ばれた8組で、ちょっとスベったからと言って、そこで「75点」とか付けられないですよ。

赤江珠緒:ああ。

博多大吉:あそこで75点って、もう0点じゃん。だから、僕は一番スベったヤツを85点にしようと思って。そこからは、98点くらいまでの、この枠の中に入れて、なんとか審査員としての役割をって思ってやってたんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そしたら、85点のヤツが出ないんですよ。最初から。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ずーっとみんなウケるから。嬉しいよ、先輩として「頼もしいな、嬉しいな」って思う反面、「スベれよ」って。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)「85点、出せねぇじゃねぇか」って(笑)

博多大吉:いい加減、誰かスベれよ。じゃないと、審査員としての僕が、「置きに行った」とか言われんだよって。

赤江珠緒:そこ、そんなに皆さん、気にしてないと思いますけど(笑)

博多大吉:本当に腹立ちましたよ。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事