TOPたまむすび ≫ 博多大吉、M-1審査員の出演交渉に朝日放送が失敗していたと暴露「仮のラインナップはゴソッといなくなってた」

博多大吉、M-1審査員の出演交渉に朝日放送が失敗していたと暴露「仮のラインナップはゴソッといなくなってた」

2016.12.16 (Fri)
2016年12月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、M-1グランプリ2016の審査員は、ブッキング予定であった仮の審査員から、実際に決定した審査員のメンバーは大きく異なっており、「朝日放送(ABC)は交渉がマズかった」「交渉する順番がおかしかったんやないか」と暴露していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話

博多大吉:結局、なんで僕が(M-1審査員を)受けたかっていうと、もちろん、松本さんの背中を押す一言がありましたよ。でも、もう一個は、ABCの人から、「今年は、こんな審査員のラインナップです」っていうのを僕は見せられてたんですよ。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:(仮)の。「今から交渉します」って。僕は名前を出さないけど、大変なドリームメンバーだったんですよ、僕以外の6人が。ダイヤモンド、プラチナ…って、宝石だらけ。

赤江珠緒:大吉先生以外の6人?多かったってこと?

博多大吉:審査員って、毎年、7人くらいでやってるんで。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:7人だったから。今後の交渉予定のラインナップを見て、僕以外の6人って、スター中のスターじゃん、と。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「じゃあ、この中に並べてもらえるのは嬉しいし、審査員って役割はプレッシャーしかないし、怖いけど、この6人がいれば、僕の意見なんか埋もれるな」と。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:そんな、気にしないだろうって。

赤江珠緒:そうそうたる方がやって下さるなら、大丈夫だろう、と。

博多大吉:「大丈夫だろう」って思って、「やらせていただきます」って、M-1が始まる何日か前に聞いたんですよ。「5人でいきます」って。「え?どの5人?」って思って。見たら、今回の5人で僕が目にしていたラインナップはゴソッといなくなってたから、「おい、おい、おい…」と(笑)

赤江珠緒:船の漕ぎ手で言ったら、紛れとけるなって思ったら、結構な戦力を求められるという(笑)

博多大吉:並びで言うと、審査員の5人の真ん中にドンと座らされたから、「ヤバイ、もう人生終わった。芸人としては終わり。華ちゃんごめん」と思いながら(笑)

赤江珠緒:そうですか(笑)いやいや、大変でしたね。

博多大吉:赤江さんの古巣ですけど、ABCさんは交渉がマズかったみたいですよ。

赤江珠緒:そうですか、弊社がマズかった、と(笑)

博多大吉:交渉する順番がおかしかったんやないかって話はしてましたね。「それは向こうも断るわ、そんな直前に言われても」みたいな。

赤江珠緒:そんな揉めたこともあったんですね、裏事情としては。

博多大吉:ありましたね。

赤江珠緒:へぇ、そうか、そうか。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事