TOP伊集院光とらじおと ≫ 伊集院光、震災避難の児童が「避難してきたことをバラす」と脅されたことにショック「隠さなきゃいけない状態に…」

伊集院光、震災避難の児童が「避難してきたことをバラす」と脅されたことにショック「隠さなきゃいけない状態に…」

2016.12.16 (Fri)
2016年12月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京都千代田区の区立中学校で、原発事故のため福島県から自主避難している生徒が同学年の3人に「避難者とバラす」などと脅されていたことにショックを受け、「とても深刻な問題で、隠さなきゃいけない状態になってる」と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:何度も何度も、有名な話、出るんですけども。

内山研二:はい。

伊集院光:今回、やっぱり僕はさらにショックを受けるところは、「避難してきた人なんだということを、バラすぞ」ということが…

内山研二:うん。

伊集院光:まぁ、ちょっとこれ、言われた側の人は言われた。言ったとされているほうは、言っていないって、食い違ってはいるんだけど。

内山研二:うん。

伊集院光:「避難してきたということを、バラすぞ」いうことが脅し文句になっているということがあるとするならば、それはとても深刻な問題で、隠さなきゃいけない状態になってる。

内山研二:全体として、そうだからこそ「バラす」っていう言葉が出てくるわけですからね。

伊集院光:そこが脅し文句として成立してしまうので。いや、なんかちょっと根深いですね。こんど、ちょっとたっぷり時間をとって話したいな、とちょっと思います。
内山研二:そうですね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事