TOP伊集院光とらじおと ≫ 西田敏行、『西遊記』の猪八戒で出演していた際に街で「あ、ブタだ」と言われショックを受けた過去

西田敏行、『西遊記』の猪八戒で出演していた際に街で「あ、ブタだ」と言われショックを受けた過去

2016.12.14 (Wed)
2016年12月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、俳優・西田敏行がゲスト出演し、ドラマ『西遊記』に猪八戒役で出演していた当時、街で「あ、ブタだ」などと言われ、ショックを受けた過去について語っていた。

バトンタッチ / あの街に生まれて

伊集院光:何歳頃から、「西田敏行」っていう名前はきちんと出てくるんですか?

西田敏行:20歳で青年座っていう劇団に入ったんですけど、そこで『写楽考』っていう芝居の主役を新人で抜擢されて。新聞やなんかには、「西田敏行という大型新人」って書いてありましたかね、見出しには(笑)

伊集院光:はい、大型新人が(笑)

西田敏行:「あ、きてるぞ。きたぞ」って思いは持ちましたかね。

伊集院光:僕らのイメージだと、『西遊記』と『池中玄太』の時が、自分の物心ついてくる時と合ってるから。

西田敏行:はい。

伊集院光:あれで何歳くらいですか?

西田敏行:『西遊記』の頃で、たしか30歳になったかならないかくらいの時じゃなかったかな。

伊集院光:それで、舞台に凄い男がいるっていうのと、テレビでヒットシリーズの主役をやるっていうので、知名度って一気に変わるんですか?周りのワーキャー度合いとか。

西田敏行:ああ、ワーキャー度合いは、テレビで知られてからの方が、やっぱり凄かったですね。

伊集院光:うん。

西田敏行:「八戒、猪八戒!」とかって呼ばれるんだったら良いんですけど、「あ、ブタだ」って。

伊集院光:はっはっはっ(笑)ハートに刺さるヤツだ(笑)

西田敏行:ええ(笑)これは、ちょっと今までのプライドからするとね、「痛いなぁ」って思いながら。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,西田敏行,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

本日の注目記事