TOPキョートリアル ≫ チュート徳井、M-1は5年の充電期間を経てレベルが高くなったと指摘「初期のM-1最後はネタも芸人の駒もなくなってきた」

チュート徳井、M-1は5年の充電期間を経てレベルが高くなったと指摘「初期のM-1最後はネタも芸人の駒もなくなってきた」

2016.12.11 (Sun)
2016年12月10日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、リニューアル以前のM-1グランプリは、最後の方はネタも芸人もなく、「枯渇した」状態であったが、5年の充電期間を経てリニューアルし、レベルが高くなって、新たな芸人が登場してきている、と指摘していた。

チュートリアリズムIII
チュートリアリズムIII [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2012-05-26

Amazonで詳しく見る


徳井義実:今年のM-1、みんな面白かった。

福田充徳:決勝残れた皆さんは、もちろんね。

徳井義実:みんな面白いのは当たり前なんやけど。毎年、「やってもうた」やないけど、全然ハマらんかったなってコンビもたまにいたりするけど。

福田充徳:「もったいない」っていう人はいるもんな。「普段、オモロイのに。もうちょっと落ち着いてやれば…」とかな。

徳井義実:うん。みんなよかった、ホンマに。

福田充徳:そんな中、銀シャリがね。実力者で評価されてたけど。

徳井義実:うん。和牛もめちゃくちゃ良かったけどな。

福田充徳:ああ、そう。あとは、アキナとかも。

徳井義実:さらば青春の光もよかったけどなぁ。

福田充徳:スーパーマラドーナも注目されたけどね。

徳井義実:スーパーマラドーナも、ようウケてましたよ。みんなそれぞれ、ホンマ良かった。

福田充徳:…新しいチャンピオンが、また現れ。

徳井義実:ね。また、最終が銀シャリと和牛と、スーパーマラドーナで。わりと、西の同じような時期に活動している。同期じゃないんやろうけど。

福田充徳:劇場とかはね、一緒にずっとやってるメンバーやから。

徳井義実:言ったら、一個世代前の、ブラマヨとかフットとかの、このなんとなく同世代のメンツで最後ね。

福田充徳5upで育ってきた人たちでしょ、元々は。あそこのメンバーは、5upで切磋琢磨しっていう。俺らで言うところの、ベースとかうめだ花月みたいなところでしょ。

徳井義実:うん。

福田充徳:そういうところでやってきて、劇場がなくなり、漫才劇場になり、みたいな。

徳井義実:うん。

福田充徳:「やっぱり西の若手、おもろいな」っていうのを見せつけた回になったんかな。

徳井義実:なりましたね。東京にもオモロイ人、いっぱいいるんやろうけど。…そろそろ、溜まってきたなって感じやったな。

福田充徳:新しいソフトというか。

徳井義実:うん。

福田充徳:若手の漫才師さんたちが。

徳井義実:だから、M-1始まった時も、その前まであんまり、ネタのそういうのがなくて。わりと僕ら世代もそうやけど、そのちょっと上の世代とかも、しっかりと溜まってきて、溜まったものをM-1でみんなバーッと出してったけど。

福田充徳:うん。

徳井義実:一旦、枯渇した感じあったやん。

福田充徳:もう、なくなってくるのよね、メンバーも固まってくるし、大体。その人らのネタもなくなってくるし。

徳井義実:なくなるし。M-1の初期の最後の方は、みんなネタもないし、芸人の駒もなくなってきた、みたいな。それがちょっと時間経って、「ああ、そろそろ溜まってきたかな」って感じはあるな。

福田充徳:充電期間の5年っていうのは、あってよかったんかもしれんね、結果的には。

徳井義実:うん、ホンマによかったと思う。

福田充徳:よかったな、今年は審査員せんで(笑)気、楽やろ?

徳井義実:気、楽~(笑)

福田充徳:そらそうやな。家でみんなで観てんのが一番楽しいわな。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : チュートリアル,,徳井義実,福田充徳,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル

本日の注目記事