TOPナイツのちゃきちゃき大放送 ≫ ナイツ塙、2016年M-1は関西の漫才師が「ゴリゴリの関西弁」で遺憾なく力を発揮できる大会だったと指摘

ナイツ塙、2016年M-1は関西の漫才師が「ゴリゴリの関西弁」で遺憾なく力を発揮できる大会だったと指摘

2016.12.11 (Sun)
2016年12月8日放送のニッポン放送系のラジオ番組『清水ミチコのラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、M-1グランプリ2016は関西の漫才師が「ゴリゴリの関西弁」で遺憾なく力を発揮できる大会だった、と指摘していた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベストナイツ

ドリーミュージック 2015-11-10

Amazonで詳しく見る


清水ミチコ:(M-1グランプリの)上沼恵美子さんも、面白かったね(笑)

塙宣之:上沼恵美子さんはもう、ブレてないですね。

清水ミチコ:はっはっはっ(笑)

土屋伸之:ふふ(笑)インパクト、強かったみたいですね。やっぱり、初めて見る人とか。

塙宣之:栃木のU字工事大好きな、茨城のカミナリは、81点だったという。

土屋伸之:81点、そうそう(笑)

塙宣之:叩くのが良くなかったんでしょうか?(笑)

清水ミチコ:はっはっはっ(笑)でも、今年、なんか面白かったような気がする。

塙宣之:面白かったっですねぇ、本当に。

清水ミチコ:やっぱり、声がしっかり届くって、大事なことなんだね。基本なんだけど。

塙宣之:ああ。

清水ミチコ:わりと、ちょっと変わった人が多く出てた時もあったじゃない?

塙宣之:ええ。

清水ミチコ:今年、なんか凄い、銀シャリもそうですけど、声がしっかり届くような。「もう一回、オーソドックスな感じに戻しましょうか?」みたいな感じがして。

塙宣之:たしかに、ちょっとあったかもしれないですね。関西の審査員の人、多かったじゃないですか。だから、もうフル関西弁でいいような、出場の方になるでしょうね。

清水ミチコ:うん。

塙宣之:やっぱり、ちょっとキツイ関西弁でも、聴いてる審査員が関西の人だから。

清水ミチコ:分かるからね。

塙宣之:「イケるだろう」というのはあったでしょうね。

清水ミチコ:なるほど。

土屋伸之:普段、NGKで場数を踏んでいる、本当にゴリゴリの漫才師が、そのまま遠慮なくできる雰囲気がありましたね。

塙宣之:ゴリゴリの関西弁でやってましたもんね。

清水ミチコ:なるほどね、大きいよね。

土屋伸之:力、発揮できるっていうのは、良かったんじゃないですかね。

清水ミチコ:うん。

塙宣之:カミナリも、よく健闘しましたよ。

清水ミチコ:はっはっはっ(笑)

塙宣之:ゴリゴリの茨木弁で(笑)

土屋伸之:ゴリゴリの茨木弁で、頑張ってましたよ。面白かったですよね。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ナイツ,塙宣之,M-1グランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

本日の注目記事