TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、辰巳琢郎が『ミリオネア』で「ファイナルアンサーと言うまで40分かかった」との伝説を明かす

伊集院光、辰巳琢郎が『ミリオネア』で「ファイナルアンサーと言うまで40分かかった」との伝説を明かす

2016.12.07 (Wed)
2016年12月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、フジテレビ系の番組『クイズ ミリオネア』で、「ファイナルアンサー」と言うまでに俳優・辰巳琢郎が40分もかかったという伝説がある、と語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:辰巳(琢郎)さんがもう、真面目だから。多分、辰巳さんはね、前世でクイズを殺してるんだと思うんだよね、恐らくね(笑)なんか、クイズに対して、なにかかかってんだと思うんだけど(笑)

僕が聞いた噂では、辰巳さんが『ミリオネア』に出た時に、最後の問題で、「ファイナルアンサー?」って訊かれて、「ちょっと待って」って言って、40分待ったっていうのを話しで聞いたことがあるんですけども(笑)

「ちょっと待って」って言って、「ファイナルアンサー」言うまで、40分待った伝説ってあるんですよ。どれくらい盛られてるか分かりませんけど(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,辰巳琢郎,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事