TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、『ファイナルファンタジーXV』で未だに不自然な立ち入り禁止区域があると指摘「なぜその柵を壊せない?」

伊集院光、『ファイナルファンタジーXV』で未だに不自然な立ち入り禁止区域があると指摘「なぜその柵を壊せない?」

2016.12.06 (Tue)
2016年12月5日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『ファイナルファンタジーXV』で、未だに柵などで不自然な立ち入り禁止区域があると指摘していた。

ファイナルファンタジー XV
ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4

伊集院光:FFやってますけど。ゴールデンボンバーの一員になったとするじゃん(伊集院光、『FF XV』に登場するイケメンばかりの集団でプレイすることに違和感「金爆のメンバーに急に入れられた感じ」)。みんないい人だよ。仲間。スゲェみんないい人なの、俺と一緒に旅してる人はいい人なんだけど、なんか分かんないけど、1人なりたくなっちゃう(笑)

「どうにかこれ、一回、一人にしてもらえないか?」って感じが凄いするんだよね。

あとやっぱりね、これは、何年か先には解決していくんだと思うんだけど。やっぱりスゲェグラフィックが綺麗になれば綺麗になるほど、当然さ、行かれちゃ困るところってあるわけ。

どんだけオープンフィールドでも、「ここは都合上、行ってもらうと困るんです」ってところあんじゃん。そういうところの…だってさ、人間の何倍もある大きさの野生のバッファローと象の中間みたいなヤツをさ、ぶっ叩いてぶっ殺せるにも関わらず、「なぜその柵を壊せない?」ってなっちゃうじゃん。

あの感じって、ないものねだりなんだろうけどさ、ドット絵の時には、「なんかあんだろ」って思うじゃん。こっちの方で勝手にお迎えにいくじゃん。「これに関しては、とても硬い素材があったり、ベトベトしたのついてる」みたいな(笑)

手すりを超えられない理由は、ドット絵だと「白濁した、ベトベトしたヤツがついてる。なにこれ?なにこれ?」ってなっちゃうから、もう行けないんだ、みたいなことを自分で思えるけど。

それももう、表現できるようになっちゃうと、跳べないことに対して…それが割り切れる自分もイヤなんだよね。それが割り切れちゃうと、リアルだってことに対して「何なの?」ってことになっちゃうし。そこが引っかかりながらも、みたいな。


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,ファイナルファンタジーXV,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事