TOPたまむすび ≫ 博多大吉、福岡での「一日警察署長」の挨拶でスベり倒してしまったと告白「地獄のような4~5分の挨拶」

博多大吉、福岡での「一日警察署長」の挨拶でスベり倒してしまったと告白「地獄のような4~5分の挨拶」

2016.12.02 (Fri)
2016年11月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、福岡の中央警察署で一日警察署長を行い、その挨拶でスベり倒してしまったと告白していた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話博多華丸・大吉

マイクロマガジン社 2008-03-30

Amazonで詳しく見る


博多大吉:先週ね、福岡でね、一日警察署長やったんですよ。

赤江珠緒:ああ、おっしゃってましたね、何かやるって。

博多大吉:赤江さん、やったことあります?

赤江珠緒:いや、ないです。警察署長は。

博多大吉:一応、経験したんで。僕、初めて。先輩としてアドバイスするとすれば、気軽に受けてはダメです。

赤江珠緒:ふふ(笑)でも、結構、皆さん一日で…

博多大吉:結構、やるじゃないですか。

赤江珠緒:華大さんで?

博多大吉:僕ら、2人でコンビで行ってて。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:華丸はね、こっちに住んでる、横浜に住んでる頃の地元の警察署長を一回やったことあるんで、アイツ、二回目やったんです。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:僕、初めてだったんですけど。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:なんとなく、年末防犯パトロール出陣式みたいな。

赤江珠緒:で、制服を着て、みたいな感じでしょ?

博多大吉:そう、そう。で、皆さんの前で「出発!エイエイオー!」ぐらいの感じの仕事だと思って行ったんですよ。

赤江珠緒:うん、私もそう思ってますけど。

博多大吉:で、警察署に行ったんですよ。福岡県の福岡中央署に、当日。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:で、「楽屋、こちらです」って会議室みたいなところ用意されて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:ガチャッて開けたら、もうホワイトボードに「博多華丸・大吉さん、ようこそ。福岡中央署へ」って、2人の似顔絵が描いてあって、まるで学園祭みたいな(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:「署員一同、心からお待ちしておりました」みたいな。「あ、こんなポップな感じなんだ」って思って。だから、より一層、色々、打ち合わせされるけど、まぁまぁ気軽に「全力で『エイエイオー』って言えば良いんだ」って思ってたんですね。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、打ち合わせの時に、バーッと資料みたいなの見せられたんですけど、歴代、ここ5年くらいで一日警察署長をやった方の、「こういうことを言ってください」っていう台本というか、原稿みたいなの渡されて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:たとえば、それがホークスの選手だったり。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:去年は、西内まりやさんだったり。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:「この方は、こういうこと喋りました」みたいなのがあって。できれば、華丸・大吉さんは漫才師で2人組だから、「歳末防犯にかけて、こんな感じのネタじゃないけど、たとえば『飲酒運転はダメだよ』とか、『歩きスマホはやめよう』とか、そういうのをネタっぽく。私達も、プロではないんですが、こんな感じで考えたんで、こんな感じでやってもらえませんか?」みたいな台本を渡されて。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:正直、私、プロだから。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:「これじゃあ、笑いとれないよ」と(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:「これ、使うわけにはいかないよ」と(笑)

赤江珠緒:厳しい、そこは(笑)

博多大吉:「こんなポップな感じだから、アドリブでなんとかなるだろう」と思って、着替えて、出陣式が行われる公園に行ったんです。

赤江珠緒:うん、うん。

博多大吉:本当の署長と一緒のクルマに乗って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、現場で多分、仮設テントみたいなのがあって、そこで2人で軽く打ち合わせして、「そこでなんか挨拶考えよう」と思って行ったら、もうクルマ降りた瞬間に、もうなんか空気感が違うんですよ。

赤江珠緒:ほう。

博多大吉:僕が思ってた、そういう出陣式じゃなくて、皆さん、出陣式をご覧になった方は分かると思いますけど、もう会場中におまわりさん、婦人警官の方。それに協力する一般市民の方。もう、「善」の気持ちが集結してるから。

赤江珠緒:満ち満ちてて。

博多大吉:なんかね、もうふざけられないの。

赤江珠緒:え?そうなんですか。

博多大吉:「あれ?」って思って。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、打ち合わせする間もなく、「こちらです!」って、すぐお客さんの目の前に座らされて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:で、僕らが座った瞬間、遠くの方にいたマーチングバンド、警察のブラスバンドが演奏をはじめて、もう物々しい空気になって。

赤江珠緒:そうですね(笑)

博多大吉:で、「挨拶です」って前に出されて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「でも、多少はふざけていいやろ」って思って、ふざけようかなって思ったら、向こうの方からね、「ラーッ!」みたいな声が上がって、「なんだ?」って思ったら、今からパトロールに行く、200人あまりの警察官の皆さんが、物凄い僕らに向かって、敬礼してくるんですよ(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:で、敬礼ってさ、プリクラとか記念撮影とか、あとはプロレスの永田裕志を真似して、とか。

赤江珠緒:それは知らないですけど(笑)

博多大吉:ポップな敬礼しかしてないと思う。私もしてなかったけど、本気の敬礼って、怖いんですよ。

赤江珠緒:それも、皆さん揃って、ザッとやると。

博多大吉:ザッとされると。こっちも、やらなきゃいけないからザッとやるんですけど、ますますふざけられない。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ…」ってなって、それである程度、「でもプロだからやらなきゃいけない」って思って。掛け合いでやったんですけど。多少、自信はあったんですよ。地元ネタもふんだんに交えてたから。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:でも、全然ウケないんですよ。

赤江珠緒:え?みんな笑ってくれないんですか?

博多大吉:それはそうですよ。今からパトロールに行くんですから。

赤江珠緒:あ、そういう人たちが…

博多大吉:出陣式なんですから。

赤江珠緒:そうね。ニヤニヤしてるわけにはいかない。任務がある、と。

博多大吉:はい。だから、僕らよかれと思ってやってて、そういうのを望まれてたと思ってやってたんですけど、もうスベり倒すんですよ。

赤江珠緒:怖い、怖い(笑)

博多大吉:普通、スベる時って、客席の方も気まずくなってさ、ちょっと目を逸してくれたりするんですけど、なんせみんな僕らのことを署長だと思ってるから(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:一切、目を外してくれないんですよ(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

博多大吉:「ん?」って思って(笑)

赤江珠緒:それは特殊な(笑)

博多大吉:地獄のような4~5分の挨拶があって。で、今から街頭に一緒にパトロールするパレードをやるんですけど、それがでも、段々面白くなってきて。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:「俺、なんで今、こんなことになってんだろう」って思いながら(笑)

赤江珠緒:俯瞰で見るとね(笑)

博多大吉:で、マーチングバンドと一緒に行進していくんですけど、マーチングバンドもダラダラと行進しないじゃない。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:何かしらの曲を演奏しながら行進するから。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:そこでなんとなくね、大喜利じゃないけど、「ここで何が流れたら一番面白いかなぁ」って。

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:「まず、一番ベタなのは西部警察とか面白いやろなぁ」って思いながら待ってたら、本当に西部警察が流れて(笑)

赤江珠緒:ふふ(笑)

博多大吉:『西部警察』のテーマとともに、出発したんですよ、公園から天神の繁華街に向かってね(笑)

赤江珠緒:でも、皆さん真面目にね。

博多大吉:真面目に。大真面目に。白バイとか、パトカーとか、ワーッと行って。その後、『西部警察』のテーマで2人で行進して。一生懸命やってたんですけど。

赤江珠緒:はい。


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 博多大吉,赤江珠緒,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

本日の注目記事