TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「被災者の方々へのメッセージ」

伊集院光が語る「被災者の方々へのメッセージ」

2011.03.15 (Tue)
2011年03月14日放送予定であった「伊集院光 深夜の馬鹿力」は、東日本大震災を受け、災害関連ニュースを放送することとなり、中止された。ただ、放送時刻に伊集院光が登場し、被災者の方々へのメッセージを送っていた。

「えぇ~時刻は、午前1時となりました。こんばんは、TBSラジオ月曜JUNK『伊集院光 深夜の馬鹿力』パーソナリティの伊集院光です。まず何より、この度の東日本大震災で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます」

「時間も無いので、取り急ぎ申し上げますが、今夜のJUNKですが、放送を取りやめまして、東日本大震災関連情報をお送りすることとなりました。個人的に、喋ることを仕事にしている者として、葛藤もあります」

「TBSラジオですとか、個人のtwitterにいただいた『こんな時こそ、バカな話を聴きたい』ということに、本当、心が揺さぶられましたが、未だ頻繁に起こります余震ですとか、刻一刻と変わりつつある原子力発電所の状態ですとか、計画停電のお知らせであるとか、正確にいち早くお伝えすることが何より優先であるという考えには同意致します。次回の放送までに、よりオモシロク、よりクダらなく、よりバカバカしい話ができるように備えたいと思います」

さらに、以下のように語っていた。

「一つお願いなんですが、現在、インターネットを通じてラジオが聴けます『radiko』なんですが、これがですね、緊急時ということでエリアフリーで放送を行っております。全国でこのTBSラジオを始めとして、各局AMが聴けるようになっているんですけども、たとえばですね…エリア内で雑音が混じるものの、普通のアナログラジオで何とか聴ける、という方々はですね、サーバーの負担軽減のために、なるべくアナログラジオで聴いていただければ、と思っております」

「もう時間がありませんが、僕の個人的な考え方を言わせてもらいます。明日のために、マジメに色んなことを考えるのはスゴク大事です。スゴク大事なんですけど、考えて、考えて、考え疲れちゃって、悲しいこととか怖いこととか、真っ黒いことしか思いつかなくなっちゃった時には、本当にクダラナイことを考えて下さい。ビックリするくらい、クダラナイことを考えて下さい。そして、全部過ぎ去った後に、『伊集院、あの時、俺はあんなことを考えちゃったんだよ』みたいな話を聞かせて下さい。そういうクダラナイことで、心から笑える日がくることを、祈っています」

「貴重な生放送の時間を下さった、TBSラジオに感謝してます。この後は、東日本大震災関連情報です」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光が語る「ワッハッハ星人の話」

爆笑問題が語る「被災者の方々へのメッセージ」

南キャン・山里が語る「被災者の方々へのメッセージ」

おぎやはぎが語る「被災者の方々へのメッセージ」

バナナマンが語る「被災者の方々へのメッセージ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,東日本大震災,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事