TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「ニンテンドー3DSの感想」

伊集院光が語る「ニンテンドー3DSの感想」

2011.03.02 (Wed)
2011年02月28日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、ニンテンドー3DSの感想について語られていた。

「今週気づいたこと。ニンテンドー3DS用のエ口写真集をメモリーカードで出したら、すっげぇ売れると思う。…3DS発売になったじゃないですか。当然、今、芸能界でゲームが好きなタレントと言えば、有野くんですよ。あと何名か挙がって、俺ですよね。それで、手元に届いたワケですよ。3DSが」

「それで色々見てね。まず、充電して、手に取ったところで『また犬がウ○コしてる…』って思ってね。それで片付けて。それで改めて3DS開いたところで『またウ○コしてんの?』って思って。それで片付けて、トイレに捨てに行って、さぁ…って思ったところで、3DS開いたところで、さらにまた驚いたんですけど、トイレが詰まっちゃったんですよね。3DSすげぇなって思って」

「俺、ゲームが3Dになって欲しいって思ったことがないんだよね。思ったことがないから、よく分からなくて。テレビも映画も、3Dになって欲しいって思ったことが1回も無いから、3Dのテレビとかも買って良いやら悪いやら…『これを3Dで観たい』って夢が無いから。それと、想像として『3Dになったらこれが出来る』ってのもあんまり無いから、それほどテンションが上がらないんだよね」

「でも唯一、3Dのエ口はスゴイ見たいじゃないですか。なんでも新しい家電製品とかテクノロジーを受け入れるのに、絶対必要でしょ。太古の昔から、火っていう存在が、美味しい料理が食べられるとかじゃなくて『火があって暑ければ服を脱ぐんじゃねぇの?』って方が、『火を起こすのを絶対にマスターしよう』ってなるじゃないですか」

「ビデオとかだって、家でエ口を見られるってことでスゴイ普及したから。だから、3Dの一番の牽引力もそうだと思うんですよ。3Dのプラズマテレビとかも、高いじゃないですか。でも、そのエ口スの力ってもの凄いから、今月3千円で暮らさなければならないって時に、1,000円の雑誌を買ってることもありましたから。残り3千円しかないんですよ。でも、ピンポイントの格好をしている雑誌を買っちゃってたこともありましたよ」

「3Dのプラズマテレビと、3DのDVDとかブルーレイディスクを再生できるプレイヤーを買うっていうのは、相当ハードルが高いじゃないですか。でも、DSって、再生機と画面が両方手に入りますからね。しかも、見る限りではSDカードに対応してますから、しかも本体がカメラの役割も果たすんですよ。だから、オッサンが裸仕事の女性にいくばくか渡して、カメラで撮って、SDカードに保存して、それを丸コピーできるんじゃないかな?そうすると、静止画をSDカードに入れて商売できるよね」

さらに、以下のように語っていた。

「オッパイがどれくらい飛び出るのか、みたいなのが見たいでしょ。レイトン教授レイトン教授よりもその写真の方が欲しいでしょ。俺だけ?レイトン教授よりも欲しいですよ。コンバット オブ ジャイアント ダイナソー3Dってソフトもあるけど、これは『いまどき、これで一本のソフトなの?』って感じですよ。3Dを確認するだけのソフトよりも、オッパイの写真の方が絶対に欲しいですよ」

「俺は絶対に買いますけどね。その写真集、売れると思うんだけどなぁ。3DSを買ってから、いの一番でやったのは、犬の写真を撮って、『あぁ、浮き上がってんなぁ』ってことですもん。その時に思うのは、『オッパイ見たいな』ってことですよね。でも、その辺は手を打ってるのかな」

「昔、ファミコンで動くソフトを、ニンテンドーの許可無く作って良いのか悪いのかって裁判があって、プログラムを組むこと自体は良いんだけど、カートリッジの大きさの特許をニンテンドーがとって、それをさせないようにしたって聞いたことがあるんですよ」

「要するに、ゲームのカートリッジって形に特許を取ってるっていう。プログラムを僕自体が作ることにはストップをかけられない。ファミコンで動くソフトウエアを自分たちで作ることには規制が掛けられないけど、その代わり、ディスクの入り口だとか、カートリッジの大きさとかに特許をとってたってことだと思うんだけどね」

「プレステのCDのウラが黒かったりするのは、黒いCDを作ることに特許をとって、それで黒くないと動かないようにしてるっていう回りくどい対策をとってたって思うんですよ。これは、概ね間違ってないと思うんですけどね。僕が概ねっていうときは、48%くらいの正答率です」

「だとすると、SDカード自体の規格はどこでもあるものだけど、写真を見るためのフォーマットに権利とかがあるのかな。だとしたらダメだね。でも、間違いなく出すと思うんだけどね。色んな会社が。出したら、見ちゃうよね。それで多分、エ口スが見られるってことになったら、今度は動いている3Dが見たくなるよね。そうすると…やっぱり買っちゃうのかな」

「今ですよ。今は、3Dの機械を全部揃えるのに足踏みしているときで、ただ、『どんだけオッパイが飛び出すんだろうか』って思っている今こそ、ビジネスチャンスとしてその写真集を出す需要があると思いますよ」

nintendogsはすごい売れ行きが良いみたいですね。でも、ウチには次から次にウ○コをひねり出してくる、3Dどころか5Dぐらいのヤツがいますからね。だから買ってないですけど、一応、レイトン教授ダイナソーは揃えましたよ」

「おそらく、レイトン教授とかnintendogsはスゴイ売れるじゃないですか。そんな中で、売り切れていく中で、何かしらソフト欲しいと思うじゃないですか。その時に、とりあえずお父さんなりお爺ちゃん、お婆ちゃんなりが買って、子供にアンニュイな顔をされるんだろうね。3DSは嬉しいけど…って感じで」と語っていた。

nintendogs + cats 柴 & Newフレンズ
nintendogs + cats 柴 & Newフレンズ
任天堂 2011-02-26
売り上げランキング : 17


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
伊集院光 「ファミ通よ、大作ゲームのレビューは止めたら?」

伊集院光が語る「DSゲーム・二ノ国の感想」

伊集院光「X360新デバイス・Kinect(キネクト)を語る」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : ニンテンドー3DS,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事