TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ラジオはかつて、もっと論争があった」

伊集院光「ラジオはかつて、もっと論争があった」

2011.02.25 (Fri)
2011年02月21日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、リスナーからの質問メール募集がなされていた。

その中で、「南海キャンディーズの山ちゃんと、品川さんが和解しましたが(南キャン・山里が語る「品川庄司・品川を嫌いな理由」/南キャン・山里「品川祐に直接、会って謝罪した」)、伊集院さん、新たな火種は投げませんか?」という質問がなされていた。

「投げたいね。投げたいですけどね。変な投げ方して、洒落んなんない感じになっちゃっても困りますから(笑)でも、昔からラジオって、こんなんだったのになって思って。それなのに、みんなマジメにやってるからちょっと、時代が違うなって思って」

「昔ね、ラジオを聴いていてすごい面白かったことがあって。タモリさんと(笑福亭)鶴光師匠が、もうオールナイトニッポンで、ずーっと言い合いをしていて。それこそ、"なんちゃっておじさん"ってのが流行って。よく分かんないけど、電車の中で『なぁ~んちゃって』っていうオジさんがいるよっていう、口裂け女よりも前に、"なんちゃってオジさん"ってブームがあったんですよ」

さらに、以下のように語っていた。

「"なんちゃっておじさん"が流行していた時に、タモリさんと鶴光師匠が、それぞれ"なんちゃっておじさん"を最初にとりあげたのはウチだって言い出して、そこから発展してすげぇケンカしてて」

「それで、ガチな感じはあるんだけど、よくよくそのオールナイトニッポンに携わっていたディレクターとかに訊いてみると、最初は割とガチだったけど、『こういうのはもっと盛り上げた方が面白いんじゃねぇか』って途中から煽ってたらしいのよ」

「それで、途中からはプロレスっぽくなっていったらしいのね。なんかね…ほら、平和的解決とか面白くないでしょ。あっ、新コーナーやる?山里くんが、品川くんのことをもっと、こういうこと言ってたよっていう(笑)でも、そういう意味ではシャレが通じなさそうだからね、やりませ~ん」と語っていた。

【関連記事】
伊集院光「品川庄司・品川に再びムカつく」

伊集院光 「品川庄司・品川のウザさにイラつく」

有吉弘行が語る「品川 vs 山里の対立問題」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,タモリ,笑福亭鶴光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事