TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、福山雅治が話しかけてくれたことに感激「心の中では『ワー!キャー!福山!』だった」

カンニング竹山、福山雅治が話しかけてくれたことに感激「心の中では『ワー!キャー!福山!』だった」

2016.11.01 (Tue)
2016年10月31日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、シンガーソングライター・福山雅治と遭遇し、話しかけてくれたことに感激したと語っていた。

カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2014」
カンニング竹山単独ライブ「放送禁止2014」 [DVD]
ポニーキャニオン 2015-09-02

Amazonで詳しく見る


リスナーメール:僕は、福山雅治さんが好きで、ライブによく行くのですが、初日に行って、福山さんの衣装を確認し、最終日にはほとんど同じ格好(コスプレ)をして参加するのが定番になってます。

また、クリスマス近辺もライブがあるので、サンタになったり、トナカイになったりと、ライブでよく仮装しています。

カンニング竹山:ライブ行くと、よくいるよね。クリスマスシーズンとかに、よくトナカイのかぶりものとか。ライブに来てる人とか。そういう映像をよく見ない?

赤江珠緒:福山さんのファンで、福山さんの格好をするのか。凄いね。

カンニング竹山:福山さん、男だけのさ、野郎だけのライブとかやってるでしょ?

赤江珠緒:やってる、やってる。

カンニング竹山:この間、福山さんに会って。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:福山さん、もう、カッコイイ。ちなみに言うけど、福山さん、俺より年上だからね。

赤江珠緒:ふふ(笑)ああ、そうですか。

カンニング竹山:他のラジオ局、FM局があったんですよ。

赤江珠緒:はい、はい。

カンニング竹山:そこに俺、ゲストで出たわけですよ。

赤江珠緒:ええ。

カンニング竹山:それで、次の仕事行かなきゃいけないから、出番終わって、そのラジオ局のエレベーターに乗りました。エレベーターを降りると、隣のエレベーターから、ゴソゴソって団体が出てきて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:その団体、なんだろうと思って後ろを歩いたんですよ。そしたら、入り口にクルマが停まってて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:そこに、誰かが乗り込んで、周りの大人たちが「お疲れ様でした」みたいなことを言ってる。それで、恐らくマネージャーさんかな。クルマの中に顔を突っ込んで、ゴチョゴチョって話し出したの。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:俺は後ろで待ってんの。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「誰だ?あの人」って思ってて。そしたら、一回、乗ったはずの人が出てきて。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:出てきたのが、福山さん。何のために出てきたか、ですよ。問題は。

赤江珠緒:何のために?まさか?まさか?

カンニング竹山:出てきて、まず俺と目が合った。「ああ、竹山さん。この間はどうも」って。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:「『お願いランキング』で映画のこと褒めてくれて、ありがとうございました」って。手を差し伸べてくれて。

赤江珠緒:え?

カンニング竹山:俺だって、26年選手だからね。俺だって、新人じゃないからね(笑)

赤江珠緒:うん、うん。まぁね(笑)

カンニング竹山:本当は心の中では、「ワー!キャー!福山!福山!」だけど、「ああ、どうもどうも。全然大丈夫ですよ。はい、どうも。お疲れ様でした」って帰ったんだけど、そっから心臓、バクバクだよね。カッコイイよね(笑)

赤江珠緒:タケ子(笑)タケ子、やったわね(笑)

カンニング竹山:やっぱ、生福山雅治、格好良かった。背高いし。紳士だし。

赤江珠緒:ああ、そう。

カンニング竹山:クルマから降りてきたのよ、俺のために。

赤江珠緒:ふふ(笑)

カンニング竹山:やっぱり凄いよね。

赤江珠緒:ああ、そうですか(笑)

カンニング竹山:お仕事帰りだったみたいで。

赤江珠緒:動きが、本当にタケ子みたいになってるもん(笑)「格好良かったのよ」みたいな(笑)

カンニング竹山:いやぁ、アレはモテるわ(笑)

赤江珠緒:じゃあ、竹山さんの姿を確認して降りてきたってこと?

カンニング竹山:そう。深夜番組で、俺は映画コーナーがあって。福山さんの…大根仁監督の『SCOOP!』があったから、「これ観たいよね。面白そうだよね」って話をしたの。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:それを福山さん、観てたみたいで。クルマに乗り込んだけど、マネージャーさんが「竹山さんいますよ」って言ったみたいで。

赤江珠緒:あら。

カンニング竹山:説明してる時間はないから、本当にマネージャーさんはチョコチョコっとしか喋ってないの。「竹山さんいますよ」としか話してなくて。恐らく、福山さんは、俺と会う前に、「竹山に褒めてもらってた」って会話がどっかであるんだよね。そうじゃないと、マネージャーが「竹山さんいますよ」って言っても、出てくるわけない。俺、後輩だし、言っても。

赤江珠緒:そうですね。

カンニング竹山:お笑いの先輩じゃないし。福山雅治の生きている時間の中で、一瞬でも俺のことを考えた時間があるってことよ。

赤江珠緒:そうですね(笑)良かったね、竹山さん(笑)

カンニング竹山:野郎のライブに行こうかどうか迷ってるんだから(笑)

赤江珠緒:そうだね(笑)これ、福山さんのコスプレもして、ライブ行くかね。

カンニング竹山:福山さんのコスプレって、何をやればいいのかな(笑)ビール持ってこうかな(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : カンニング竹山,福山雅治,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:有吉弘行、ボブ・ディランのノーベル賞授賞式に「行けたら行く」発言に言及「本当に難しい人だね、何なの?この人」

前の記事:赤江珠緒、生放送中にスカートを穿いているのに脚を開いてしまって注意を受けたと告白「赤江さん、閉じて!」

本日の注目記事