TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「ブログやTwitterでのステルス・マーケティング」

伊集院光「ブログやTwitterでのステルス・マーケティング」

2011.02.08 (Tue)
2011年02月07日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にてステルス・マーケティングについて語られていた。ステルス・マーケティングとは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることを指す。

「ステルス・マーケティングっていうの?よくブログとか、Twitterとかでもそうなんだけどさ、『これ美味しいよ』って紹介した書き込みをするんだけど、実はそれは企業からお金を貰っているってヤツ」

「俺さ、全然そんなことなくて『これ美味しかった!』ってTwitterに書いても、『芸能人はこういうの、金を貰って書いてる』とかって書く人がいるわけ。それで思うんだけど、誰かお金くれないかな?(笑)そのやり方を知らないよ、俺は」

「ステルス・マーケティングって初めて知ったとき、アメリカで問題になってるって聞いたのね。ちゃんと『自分は企業から依頼を受けて、食べてみて、美味しいと思ったから宣伝します』って書くのはよくても、一般の人を装って書くのは、問題…って、アメリカのニュース番組とかで観た気がするんだよね」

「今、割と企業の人って『ブロガーに試供品を送ってます』とかって言うよね。あれ、どうやったら貰えるの?こっちからしたら、痛くもない腹を探られるのがイヤなワケ」

「お金を貰った上で、『お前、お金もらってんじゃねぇか!』って言われるのは、壊れたエアコンが直るから良いです。歯の治療も良いヤツがかぶせられるから良いです。(企業から委託されても)本人の意志のもとで書いたりするのなら、その人の責任であって、その人の名前に傷が付くなり上がるなりするから良いんですけどね」

さらに、以下のように語っていた。

「でもさ、俺が千葉で買った湯で落花生を買って食べてるって書いたら、『金もらってんだろ?』って書かれて。誰から貰ってるって言うんだよ(笑)森田健作から?漠然と塩落花生の宣伝をするって意味が分かんないんだけどね」

「あと、意外に思うのは、結構デッカイ企業のキャンペーンイベントに関して、『伊集院さん、スゴク美味しいですよ』ってTwitterでツイートされてくると、これをリツイートすると…(宣伝したことになるから)誰か、お金をくれるんならリツイートしても良いけどね。…どんだけ汚いんだよ(笑)」

「一時期、やたらと自分のTwitterのところにすごい親しげにツイートしてくる時があって、これをリツイートすると、完全に支持した空気出るよね、と思ってね。俺みたいな人間がですよ。俺みたいな影響力のある人間がですよ(笑)湯で落花生に関して、僕が食べて美味しいと思ったのは、穀物相場で一山当ててやろうと考えたからですよ(笑)ピーナッツの先物取引でやってるのは、気づかれてると思いますけどね。ステルスマーケットどころじゃないですよ。株価操作、というか最後の相場師としてやってますからね(笑)」

「やっても良いんですけど、(お金を貰ってやってる人は)やるんなら堂々とやって欲しいんですよ。そうでないと、(こっちは)お金を貰ってないのに『貰ったんじゃないか?』って痛くもない腹を探られて、壊れた湯沸かし器を直したお金がもったいない感じがしますよ」

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則
売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則アル ライズ ジャック トラウト Al Ries

東急エージェンシー出版部 1994-01
売り上げランキング : 4696


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
伊集院光「Twitterで片山さつきに絡まれる」

伊集院光が語る 「芸能界におけるマーケティング理論」

伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,Twitter,マーケティング,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事