TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光「国生さゆり・新田恵利の気持ち悪い関係性」

伊集院光「国生さゆり・新田恵利の気持ち悪い関係性」

2011.01.30 (Sun)
2011年01月24日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、元・おニャン子クラブの国生さゆり、新田恵利の関係性について語られていた。

話の発端は、「ナイナイアルアル」のコーナーで、「お正月、高橋家36人勢揃いした本家で、小学生のおいっ子8人を集めて『高橋健一(オレ)なじりカルタ』をやった時のアルアル」で読まれたネタだった。

「『国生さゆりの"新田恵利キライ漫談"で、大爆笑する顔がキモイ』ってネタがきてますけど…これ、前半を言いたいだけだろ(笑)」

「あの国生さゆりと新田恵利の、予定調和漫談ね。なんか分からないけど、楽屋で『ああいうのやると喜ぶよね』みたいな話しができている感じのね。ヘッタクソなプロレスみたいなやりとりが、もう見てらんない」

「なぜなら、俺たちおニャン子世代だから、『おニャン子世代の連中は喜ぶはず』みたいな、『どうですか?』って感じね。少なくとも、『俺は喜んでないからな!』って、テレビに向かって言っちゃってるんですよ。未だにね」

さらに、以下のように語っていた。

「(それをテレビで観て)エアロバイクを漕ぎながら、『俺はお前らの言っているターゲットじゃないからね!』って言ってるんですよ」

「スゴイ予定調和感ね。言って良いラインが決まっていて、お互いに『今日もよろしくね』って言って、(収録)終わった後に飲みに行くって感じがね」

「たまに、モー娘。のメンバーが、中澤裕子あたりをイジるときに、同じ様な空気感があるんですよね。なんか、『このイジり方は可愛らしい』『このイジり方は、中澤裕子さんはイヤとは思わない感じで、意外とうまくイジってるでしょ?』って感じの空気を出してくるときと似てますね」と語っていた。

人生には好きなことしかやる時間がない
人生には好きなことしかやる時間がない秋元 康

青春出版社 2000-09
売り上げランキング : 162206


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
伊集院光が語る「AKB48商法のあざとさ」

ケンドーコバヤシ「六本木で偽ケンコバが暴れている」

南キャン・山里「AKB48じゃんけん選抜で大ブーイング」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,おニャン子クラブ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事