TOPオードリーのANN ≫ オードリー春日が語る「手術の体験記-尿道カテーテルとの闘い-」

オードリー春日が語る「手術の体験記-尿道カテーテルとの闘い-」

2011.01.23 (Sun)
2011年01月28日放送の「オードリーのANN」にて、春日が下肢の骨折時に手術で埋められたボルトを、再び取り外す手術を受けていたことを語っていた。そこで、手術後の尿道カテーテルとの闘いについて語っていた(手術前、手術中の話は「オードリー春日が語る「手術の体験記-手術までの経過-」」「オードリー春日が語る「手術の体験記-手術中の経過-」」参照)。

春日「(尿道カテーテルを)途中で切ってもらえないかなって。管が入った状態で過ごせないかなって思ったんですよ」

若林「それくらい痛いんだ。春日が痛いっていうんだから、とてつもなく痛いんだろうね」

春日「そうね。それで一晩中考えていて、あっという間に夜が明けて。看護士さんが入ってきて、『そろそろ抜きましょうか』って言われて。『いや、これは…厳しいですね』って濁したら、『ご自分で抜きます?』って言われて。どうやら、稀にだけど自分で抜くパターンもあるみたいなんですよ」

若林「うん」

春日「自分で抜いた方が、加減が効くから。それで、『自分で抜きます』って言って。『じゃあ、外に出ていますから、抜けたら言って下さい』って言われて」

若林「そんなシステムあるんだ」

春日「そうね、あるんですよ」

若林「まさにセルフサービスだ」

春日「セルフサービスですよ。それで、そこからはもう管と春日の闘いですよ」

若林「いつも抜いてるものとは違いますからね」

春日「いつも抜いているものは、ルンルン気分ですけどね。それとは大違いですよ」

若林「うんうん」

春日「利き手を管に配しまして、それでナースの方が、空気穴のようなもののところに注射器を指して、空気みたいなのを抜くんですよ(注:膀胱内に留置されたバルーンの水を抜いた)。膀胱にとめておくための風船を潰すんだよね。その時、膀胱がポコっとする感覚があるんだけどね」

若林「うんうん」

さらに、以下のように語っていた。

春日「いざ管を抜くとき、『う~ん!』ってなって。『看護士さん、手を!手術室で握ってくれた手を貸して下さい!』って気持ちになるんですよ。そんな感じ」

若林「もう、一気に抜いた方が良いんだろうな」

春日「もうね、全然出ないの」

若林「噛んじゃって」

春日「噛んじゃって。膀胱から尿道の締まりが良いんですよ。なかなか出なくて、もうこれは、痛みに対して痛みだなって思って。左手で己のタマ袋を力の限り捻り倒したんですよ」

若林「フハハハ(笑)」

春日「ギュー!って。360°ひねる気持ちで。そうじゃないと耐えられないんですよ。左手はひねる運動、右手は引き抜く運動ですよ。午前中の病棟で、テレビでは『スッキリ!』やってましたよ」

若林「効果はあったの?(笑)」

春日「自己麻酔、タマ袋捻り麻酔ですよ。でも、一回軌道に乗ると、あとはスススっとね、いくわけですよ。ズラーっと。あとは抜けたぞ~って」

若林「出血とかはあるの?」

春日「血は出ないの。その後のお小水のあとに、ちょっと痛いけど。傷ついてるんだろうけど」

若林「それ、タマ袋の方はどうなの?」

春日「大丈夫。ちょっとヒリヒリしたけど、その後」と語っていた。

【入院中の経過】
オードリー春日が語る「手術の体験記-手術までの経過-」

オードリー春日が語る「手術の体験記-手術中の経過-」

【関連記事】
加藤浩次が語る「芸能界でツイてない男、暫定1位」

ナイナイ岡村が語る「『笑い』が無くなった入院生活」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : オードリー,春日俊彰,骨折,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事