本日の注目記事

オードリー若林、タモリと行きつけの定食屋で遭遇して「お前、分かってるな」と言われたと明かす「先輩に言われた言葉で一番嬉しい」

2018.02.25 (Sun)
2018年2月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、タモリと行きつけの定食屋でばったり遭遇し、「お前、分かってるな」と言われたと明かしていた。

オードリーのオールナイトニッポン 一年史
オードリーのオールナイトニッポン 一年史

若林正恭:もうちょっと、定食屋さんが世の中にたくさん増えてほしいっていう感じで。そこが閉まったのが悲しくて。

春日俊彰:よっぽど美味かったんだね。

若林正恭:もう、めちゃくちゃ美味かったのよ。

春日俊彰:なるほどな。

若林正恭:カニクリームコロッケ、カキフライ、さんまの塩焼き。カキフライも一回、恐る恐る言ってみたんだよね。「タルタルソース、お金払うんで、増やしてもらえますか?」って言ったら、「いや、いいですよ。多めに持ってきますから」みたいな。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:で、そこでタモリさんと会ったんだから。それもふかわさんに言わなきゃ、来週。

春日俊彰:ああ

若林正恭:ばったり。マジで本当、四次元空間入っちゃったかと思ったよ。

春日俊彰:どういうこと?

若林正恭:いつものように定食屋ガラガラって入ったら、マジでサングラスかけて、オールバックでスーツで。マジでいいともの格好してる…いいとも終わりなんだよ、絶対。

春日俊彰:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

爆笑問題・田中、タモリは『笑っていいとも』の放送終了後すぐに「頭を洗ってサングラスもとっていた」と明かす

2017.11.29 (Wed)
2017年11月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、タモリはフジテレビ系の番組『笑っていいとも』の放送終了後、すぐに「頭を洗ってサングラスもとっていた」と明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]

太田光:タモリさんはたまに…

田中裕二:あの人は、『いいとも』終わると、すぐに頭を洗うんですよ。

太田光:うん。

田中裕二:だから全然、(オールバックではない姿を見たこと)ありますよ。

太田光:うん。

田中裕二:サングラスをもとっちゃうしね(笑)普通のおじいさんみたいな時は、何度も見てるから(笑)

太田光:花咲かじいさんみたいな(笑)

田中裕二:ええ、いくらでも見たことあるけども。

太田光:うん。

田中裕二:あと、たまに俺らからしてみると、女性タレントさんのスッピンとかね。

太田光:ああ、わかんない時あるもんね。本当にあるもんね、ネタじゃなくて。

田中裕二:うん、あるよね。飯島愛は本当に分かんなかったな。

太田光:愛ちゃんはだって、何時間かけてたのかなぁ、あれな。

田中裕二:ねぇ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

明石家さんま、タモリとビートたけしの両方に気に入られようとしていた過去を告白「世渡り上手キャラで」

2017.11.12 (Sun)
2017年11月11日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、20代の頃、タモリとビートたけしの両方に気に入られようとしていた過去を明かしていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

明石家さんま:俺は、昔は『世渡り上手』ってアルバム出してるくらいで。こういうキャラだったんですね。

横山玲奈:ああ。

明石家さんま:20代の頃は、こういうキャラで。

横山玲奈:はい。

明石家さんま:たけしさんのところに行って、「お前、タモリが大事なんだろ」「いや、アンタに決まってまんがな」って言って。

飯窪春菜:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

岡村隆史、タモリが『ジャングルTV』終了時にした挨拶で爆笑が起きたと明かす「お疲れっした」

2017.11.10 (Fri)
2017年11月9日放送のニッポン放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、タモリがTBS系の番組『ジャングルTV タモリの法則』が終了する際に行った挨拶で、爆笑が起きたと明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:番組とか終わる時に、挨拶とかも難しいじゃないですか。打ち上げとかもあって、「今までどうもありがとうございました」みたいな。

よく言われますけど、「またこのメンバーで一緒にいつか」って言うけど、ほぼないから、ホンマに。でも、スタッフの方はそう言わなアカンやろうしっていう中でしたけど。

俺、一番面白かったんは、タモさんが『ジャングルTV』終わるときに、むちゃくちゃオモロかってん。「何を言わはるんやろうな?」って。「最後、タモさんから一言お願いします」って、TMCで凄い人数いる中で、タモさんがフワーッて出ていって、そのステージの上に立ちはって、「何を言わはるんやろうな?」って思って。マイク持ったら、「お疲れっした」って言わはって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN

ナイツ塙、タモリが『Mステ』でYOSHIKIに喋らせておいて受けもせずスタンバイさせたことに爆笑「ここ何年かで一番笑った」

2017.09.23 (Sat)
2017年9月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(毎週土曜日9:00-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、テレビ朝日系の番組『MUSIC STATION ウルトラFES』の中で、タモリがYOSHIKIに話を振っておきながら、受けもせずスタンバイさせたことに爆笑したと語っていた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

塙宣之:タモリさんって、そんなにお笑い色出さないのに…

能町みね子:まぁ、そうですよね。

塙宣之:この前、タモリさんが一番面白いなって思ったのが、『ミュージックステーション10時間SP』観ました?

土屋伸之:観てない。

塙宣之:最後、YOSHIKIさんだったんですよ、最後のゲストが。

能町みね子:はい。

塙宣之:「はい、ゲストYOSHIKIでーす」って。

土屋伸之:うん。

塙宣之:「首、大丈夫なの?」「ええっとですね、首が今、病院からもドラムはあんまり叩くなって言われてまして、損傷してしまったので。だから今、ピアノだったらいいよみたいに言われてて、激しい運動はダメなんですよ」「…じゃあ、スタンバイお願いします」って(笑)

出水麻衣:はっはっはっ(笑)

土屋伸之:受けなし?(笑)

塙宣之:ここ何年かで、一番笑ったもん。

出水麻衣:はっはっはっ(笑)

塙宣之:受けも、何もなしで。

出水麻衣:しかも、結構シリアスなね(笑)

塙宣之:めちゃめちゃ笑った(笑)

土屋伸之:タモさんが、実はそこのセンスなのかな(笑)

能町みね子:いやぁ、凄い(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

明石家さんま、タモリの名言「やる気のある者は去れ」の意味について語る「仕事ができないのに、熱い奴が暑苦しい」

2017.05.15 (Mon)
2017年5月13日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、タモリの名言である「やる気のある者は去れ」の意味について「仕事ができないのに、熱い奴が暑苦しい」と語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編 BOX1
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX1[DVD]

リスナーメール:番組を始める時、全スタッフを集めて「やる気のある者は去れ」といった話をするという、タモリさんがその理由を言っていました。

タモリ「やる気がある奴は、暑苦しいんだよ、そばにいるとさ。やる気のあるADっているじゃん。大体ね、やる気のある奴っていうのは、中心しか見てないんだよね。お笑いっていうのは、周辺から面白いものが始まっている。『あれ?』っていうね、そこから広がっていく。真ん中しか見ない奴は、全然ダメだね」

明石家さんま:タモリさんらしい言葉やね。

飯窪春菜:ビックリですね。

明石家さんま:本気で熱い奴、できる熱い奴はエエねんで。仕事ができないのに、熱い奴が暑苦しい。

飯窪春菜:ああ、なるほど。

明石家さんま:ほんで、熱ければいいって思ってる奴もいてんねな。

飯窪春菜:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

古舘伊知郎、タモリが『Mステ』でどうぶつビスケッツ×PPP(けもフレ)にイラついて「何なんだよ」とつぶやいたと指摘

2017.04.24 (Mon)
2017年4月21日放送のニッポン放送のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月第3金曜 22:00-24:00)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、テレビ朝日系の番組『ミュージックステーション』で、タモリがアニメ『けものフレンズ』の主題歌を歌うどうぶつビスケッツ×PPPにイラついて、「何なんだよ」とつぶやいたと指摘していた。

ようこそジャパリパークへ
ようこそジャパリパークへ(初回限定盤)

古舘伊知郎:(『ミュージックステーション』で)竹原ピストルの前が、確かアニメの若い女の子達の、10代の若い女の子達のアニメソングなんかを歌っているグループとグループが、M&Aみたいに、一時期、歌で合体して(どうぶつビスケッツ×PPP)。数グループが1つになって、着ぐるみを着て歌うアニメソングみたいなやつだったの。

もう、タモリさんの興味のなさぶり。もう、脱力の極み。『ブラタモリ』は、あんなにノリノリのくせに。最高じゃん、俺、『ミュージックステーション』のタモさんのやる気のなさは、最高に好きなんだよ。

その時、アニメの子達は、もうテンションが高い。「初めてのMステです!」みたいな感じで、「タモさ~ん」って、アニメとかをやってるから、声がギンギン、ギンギンイラつくような声で。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  古舘伊知郎のオールナイトニッポン

星野源、タモリが伝授した「女装の本質を理解する方法」について語る「パンツだけ女子のパンティーにしてみろ」

2017.02.23 (Thu)
2017年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、シンガーソングライター・俳優の星野源が、タモリが伝授したという、「女装の本質を理解する方法」について語っていた。

働く男
働く男 (文春文庫)

星野源:「チャウ大」(仮面チャウダー YAJIO CRAZY チャウ大附属脂身高等学校)っていうイベントで。(奥田)民生さんとか、斉藤和義さんとか、色んな方が出られるイベントで、みんな学生服を着るんですよ。

バカリズム:うん。

星野源:で、僕はなぜか女子だったんですよ(笑)その時の格好が。で、ブレザーを着て臨んだんですけど。もちろん、その時は脚の毛は剃りました。

バカリズム:はい、はい。

星野源:で、ちょっとパッツンロングみたいな髪型だったんですけど、それが、「かしゆかさんに似ている」と。

バカリズム:ふふ(笑)なるほど(笑)

星野源:顔面は、全く似ていないんですよ。髪型だけ似てて。で、出てったら、「カワイイ」って、お客さんが盛り上がってくれて。ライブイベントなんで、盛り上がってくれて、凄く気を良くして、「嬉しいな」と。

バカリズム:ふふ(笑)

星野源:で、その次のイベントに、Perfumeの皆さんが出ることになったんですよ。

バカリズム:はい、はい。

星野源:「これはやるしかない!」と。で、その時に僕、"ほしゆか"って名乗ってたんですけども(笑)

バカリズム:あ、もう完全に寄せてるじゃないですか(笑)

星野源:ふふ(笑)「ほしゆか、やらせてください」って言ったら、みんな優しいから、やらせてくれて。まず、登場で「あーちゃん、のっち、そしてほしゆか」の3人でまず出てきて。「Perfumeです」って言って、やらしてくれたんですよ(笑)

バカリズム:はい(笑)凄いな(笑)

星野源:その時、ワーッっていう感じで。やっぱり気持ち良くて。

バカリズム:それは盛り上がりますよ。

星野源:ぜひ、やってみてください。

バカリズム:はっはっはっ(笑)

星野源:でも、それをタモリさんに話したら、「どうしたらいいですか?」っていうか。タモリさんも、そういうのが好きなんだっていう話を、本で読んだりとか。女装も凄くされているっていう話を聞いたので。

バカリズム:うん。

星野源:赤塚不二夫さん譲りの。

バカリズム:はい。

星野源:で、聞いたら、「まず、パンツだけやってみろ」と。

バカリズム:パンツ?

星野源:パンツ。僕が、その時までやってたのって、全部外見で。ちゃんと周りに見えるものじゃないですか。

バカリズム:はい。

星野源:「女装ですよ」っていうの、みんな分かる。

バカリズム:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  星野源のオールナイトニッポン

ナイツ塙、タモリとマツコによるコントでNHK紅白歌合戦の審査員席が2席空いていたことに言及「誰か座らせてあげれば…」

2017.01.07 (Sat)
2017年1月5日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、タモリとマツコ・デラックスによるコントで、NHK紅白歌合戦の審査員席が2席空いていたことについて、「誰か座らせてあげれば…」と語っていた。

ナイツ爆笑漫才スーパーベスト
ナイツ爆笑漫才スーパーベスト

高田文夫:タモさんとマツコの無駄づかい。これな。

土屋伸之:ふふ(笑)

高田文夫:アレ、会場にいた人はさぁ、タモリさんいるって知らないんだろうな、絶対。知らずにウチに帰ったんだろうな(笑)

土屋伸之:席が空いてるってだけで(笑)

高田文夫:なぁ(笑)

塙宣之:家に帰って知ったんでしょうね。「あ、タモリさん来てたんだ」って。

高田文夫:そうだよ。家帰ってさ、家の人にさ、「タモリさんどうだった?」って。「え?え?」って。会話、弾まないよな。

土屋伸之:会ってなかった、結局。

塙宣之:あの良い席、だったらもったいないですよ。誰か座らせてあげればいいのに。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  高田文夫のラジオビバリー昼ズ

星野源、タモリが会長を務める「日本変態協会(NHK)」が説く信念について言及「人間はそもそも変態である」

2017.01.05 (Thu)
2017年1月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『星野源のオールナイトニッポン』(毎週月 25:00-27:00)にて、シンガーソングライター・俳優の星野源が、自身も入会した、タモリが会長を務める「日本変態協会(NHK)」の説く信念について語っていた。

蘇える変態
蘇える変態

星野源:僕、メールとかでもね、「星野さんは変態ですが…」みたいに書かれるじゃないですか。まぁ、『蘇る変態』っていう本も出してるから、別にいいんだけど。

でも、『蘇る変態』は最後まで読んだ人は分かると思うんだけど、あの「変態」の意味って、「日本変態協会(NHK)」っていう、タモリさんが作って、副会長に(笑福亭)鶴瓶さんがいるんですけど(笑)

そこでの理念と言いますか、「人間が、そもそも変態なんじゃないの?」っていう。「しっかりすればするほど、変態なんじゃないの?」っていうか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  星野源のオールナイトニッポン