TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「市川海老蔵に関する報道」

伊集院光が語る「市川海老蔵に関する報道」

2010.12.15 (Wed)
2010年12月13日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、酒席での問題を起こした、市川海老蔵の一連の報道について語られていた。

「思ったんだけど、もはや報道というのか、ワイドショーというのか…今や報道はワイドショー化してるし、ワイドショーは報道化しているから何ともいえないんだけどね。とりあえず、形として、海老蔵さんは被害者じゃないの?とりあえずは怪我していることは間違いないからね」

「逆に、俺らみたいなのは、ああいうところをバンバン茶化しているけども、良いのかね…だって、新聞のトップの見出しに、『海老蔵をボコった男』とかって書かれてるんですよ。『海老蔵をボコった』ってどういうことだって感じですけどね」

「あと、世の中のカウンターって怖いなって思うのってさ、その海老蔵さんが暴行を受けましたって話になるじゃないですか。海老蔵さん、どうやら酒癖が悪いと。酒癖が悪くて迷惑を被っている人もいると。そんな話からさ、海老蔵を殴った人の方を、たしかに悪い奴だけど理不尽な暴力は振るわない、みたいなね」

さらに、以下のように語っていた。

「カウンターが当たっちゃって、あの人は良い人、みたいな風潮も出て来ちゃってるじゃないですか。それは…両方とも悪いってことなんじゃないかって思うんですよね」

「あと、お酒を飲んで暴れちゃったり、羽目を外しちゃう人って、基本、その時のことを覚えてないよね。それで、長きにわたって『お前酷かったぞ』って証拠を散々突きつけられることで、『俺、もしかしたら酒乱なのかも』って思うようになるんだと思うんですよ」

「だから、海老蔵さんは会見でウソはついてないと思うよ。ウソはついてないと思うけど、はたしてそれが真実なのか…ってところはあるよね」

市川海老蔵 眼に見えない大切なもの
市川海老蔵 眼に見えない大切なもの (Grazia Books)Grazia編集部

講談社 2010-07-22
売り上げランキング : 60147


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
加藤浩次が語る 「市川海老蔵と小林麻央の交際」

バナナマン・日村「週刊誌のナンパ記事について語る」

おぎやはぎ 「週刊誌のウソについて語る」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,市川海老蔵,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事