TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、加藤浩次が矢作らと舞台公演を行ったのは「極楽とんぼライブの肩慣らしだった」と推察

おぎやはぎ矢作、加藤浩次が矢作らと舞台公演を行ったのは「極楽とんぼライブの肩慣らしだった」と推察

2016.08.05 (Fri)
2016年8月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、加藤浩次が矢作や平成ノブシコブシ・吉村崇らと行った舞台『イルネス共和国』『イルネス製作所』は、「極楽とんぼライブのための肩慣らしだったのではないか」と推察していた。

イルネス共和国
イルネス共和国 [DVD]
よしもとアール・アンド・シー 2014-05-21

Amazonで詳しく見る


矢作兼:(極楽とんぼが)ライブやるんでしょ?

放送作家・鈴木工務店:やります。

矢作兼:俺、『イルネス』っていうさ、舞台をやってたのよ。

小木博明:はい。

矢作兼:加藤さんの舞台。アレ、だから(加藤)浩次君の頭の中ではさ、山さんがちょうど、来年くらいに帰ってきて、とか、多分、そんな予定はなかったんだろうけどさ。

小木博明:うん。

矢作兼:でも、なんかあったんだろうな。「帰ってきた時に、ライブやりたいから、その肩慣らしやっておきたい」って(笑)

小木博明:はっはっはっ(笑)

矢作兼:アレ、肩慣らしだな(笑)

小木博明:アレ、そうかもしれないね、じゃあ。

矢作兼:うん。本当は、2人でやっていきたいわけだから。

小木博明:うん。

矢作兼:それで、ライブ勘とか掴んでおいて。それはさ、極楽とんぼライブだよ。今回から、全国でやるんでしょ?

放送作家・鈴木工務店:やります。

矢作兼:それでさ、これはスベるわけにはいかないもん。

小木博明:絶対だよね。

矢作兼:だから、ライブ勘は欲しかったでしょ。感覚、つかんだね、もう。

放送作家・鈴木工務店:15年ぶりですからね、ライブ自体。

矢作兼:そうでしょ?

小木博明:最後に、俺ら出たヤツだもんね。

矢作兼:うん。だから、感覚掴むために、俺たちを利用したな。

放送作家・鈴木工務店:ふふ(笑)

小木博明:そうだね。

矢作兼:まぁ、いいけどさ、全然。

小木博明:東京はないの?

矢作兼:だから、札幌を皮切りに、なんだね。9月3日の土曜日から、14ヶ所行くの?

放送作家・鈴木工務店:色々行きますね。

小木博明:なるほど。それで、北海道の加藤さんの出身地から。

矢作兼:うん。

小木博明:最後は、広島。山さん故郷で。

矢作兼:東京はやんないの?

小木博明:東京はないよ。

矢作兼:え?

小木博明:なによ、東京は?

放送作家・鈴木工務店:分かんないです。

小木博明:分かんない?怪しいな。また隠してんな、これ(笑)

矢作兼:絶対に言わないからね(笑)

小木博明:嫌なんだよ、もう。本当に言わないの(笑)なんかあるな、東京、これ。

放送作家・鈴木工務店:何もないです(笑)

矢作兼:いいんですよ、出たって(笑)

小木博明:はっはっはっ(笑)東京公演にね(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,加藤浩次,山本圭壱,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ矢作、極楽とんぼのライブツアー終わりに『メガネびいき』出演を提案「2人で出るところ見たい」

前の記事:極楽とんぼと旧知の放送作家・鈴木工務店、山本圭壱登場の『めちゃイケ』収録現場で複雑な心境「どこにも肩入れできない」

本日の注目記事