TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「木村拓哉 主演の宇宙戦艦ヤマト」

伊集院光が語る「木村拓哉 主演の宇宙戦艦ヤマト」

2010.11.30 (Tue)
2010年11月29日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、木村拓哉主演・『SPACE BATTLESHIP ヤマト』について語られていた。

「公開予定、実写版『宇宙戦艦ヤマト』を観た周りの人の感想なんですけど、4人ぐらいが、口を揃えて『思ったほどはクソじゃない』って言ってるんですよ。これは、どういう風に捉えれば良いんでしょうか?」

「この感想の微妙なところは、『お前はどれくらいクソだと思ってたんだ』ってことなんですよ。僕なんかは封切り同時に観に行きますし、スゲェ面白そうな映画だと思ってますから。そいつらの基準が全然分からないですよ。なんなんですかね、『伊集院くんさぁ、ヤマトを試写券もらって観に行ったんだよ。時間もあったし、ネタになると思って。だけど、思ったほどはクソじゃないんだよな』ってトーンなんですよ」

「波動砲っていうイントネーションがちょっと変なんだってところはあるみたいですけどね。宇宙戦艦ヤマトとか、あしたのジョーとか、ジャニーズがやるじゃないですか。俺は思うんだけど、やんなくて良いじゃないですか」

「キムタクの人気とか、山P(山下智久)がやるじゃないですか、でも、彼らのファンなら、たとえ桃太郎の実写版でも観ると思うんですよ。だったら、忠臣蔵みたいに、毎年のように色んなキャストと色んな角度で、桃太郎を演ります、みたいな感じにしたら良いんじゃないですか」

「原作ではイヌだけど、実写では黒木メイサが演ります、でも良いじゃないですか。黒木メイサがきびだんごを貰いに来て、そのあと、サルとキジが仲間になります、でも良いじゃないですか。スゴイ宇宙戦艦ヤマトを好きな人が、『キムタクがヤマトをやるんだって?観に行こう』とはならないと思うんです。だから、一番平和で誰も悲しまないのは、原作ファンがいないやつでも、恐らくキムタク好きだったら観るだろうって思うんですよ」

「だけど、逆に原作が好きすぎて、怒りに行く人っていうのもいると思うんですよ。それを目論んでるんじゃないかって思うんです。俺みたいな層は、桃太郎をキムタクがやるっていうんなら、放っておいてしまうと思うんです。そうだと、ジャニーズファン100%くらいになると思うんですけど、『俺の宇宙戦艦ヤマトをどうしてくれるんだよ!』っていう20%くらいの人が、観に行くと思うんですよ」

「あと、テレビのCMで『スッゴイ泣きました』って言ってる子供が出ているCMと、すごいツマンナそうにしている子供が出てくるのがあるんだけど、どうしてアイツを選んだんだろう?」

「それに、『ジャニーズの力というか、キムタクの力強いな』って思うのは、TBSの作った映画だけど、全局に映画の宣伝で出るね。映画の宣伝のためなら、キムタク自ら動きます、っていう体制をとってるじゃないですか。『例の局の、例のように失敗しそうな映画だけど、キムタク出てくれるんなら宣伝しちゃおうっか』って感じになってますからね。もう、どの局が作ったのか、分かんないようになってるね」

「最近の傾向って、その局ではガンガン宣伝をやるけど、他の局ではあんまり触れないようなイメージだったけど、キムタクが動く、バラエティでどんな番組にも出ますよ、みたいな感じになってるのは、ちょっとした例外というか、『ヤマトはみんなのもの』みたいな感じになってるね」

「ただ、TBSは自分のところで作っただけあって、TBSの局にヤマトの模型が置かれてるね。それが仕掛け時計みたいになって、波動砲が出るようになってるの。炭酸ガスみたいなのが出て、レーザー光線が出て反射して見える、みたいになってるんだけど、煙がショボくて、ちょっとしか映らないんですよ」

「内容としては、佐渡酒造が高島礼子だっていう時点で…ユーモラスな解釈ですよね。松本零士も、槇原敬之の歌を怒んないで、こっちを怒れって話ですよね。ちょっと歌が似てたってことよりは、こっちの方が問題でしょ。俺の中の森雪(黒木メイサ)、そんなんじゃないけどって話ですけどね」

「でも、これで映画が当たったら、TBSはさらにお金をかけて、ジャニーズでフルCGの『男おいどん』を作って欲しいですけどね。主題歌はエアロスミスで、もちろん主演はキムタクですよ」

「もう、ここまできたら、『ジャニーズの男前が主演すれば、ここまでやっても客が入るんだ』ってくらいまでやって欲しいよね。『アサッテ君』とかね。どんどん実写化してほしいね」と語っていた。

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術シド・フィールド 安藤 紘平

フィルムアート社 2009-03-31
売り上げランキング : 6142


Amazonで詳しく見る


【関連記事】
伊集院光 「TBSの作る映画は、ほぼクソ」

伊集院光「映画 インシテミルの感想」

伊集院光と太田光が考える「映画監督の条件」


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 伊集院光,木村拓哉,宇宙戦艦ヤマト,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事