TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、『IPPONグランプリ』での余裕のなさを反省「あそこでもちゃんとバラエティの受け答えしなきゃ」

オードリー若林、『IPPONグランプリ』での余裕のなさを反省「あそこでもちゃんとバラエティの受け答えしなきゃ」

2016.06.12 (Sun)
2016年6月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、フジテレビ系の番組『IPPONグランプリ』で、あまりに余裕がなかったことを反省し、「あそこでもちゃんとバラエティの受け答えしなきゃ」と語っていた。

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ
オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ講談社

講談社 2010-09-24

Amazonで詳しく見る


若林正恭:始まってからね、もうちょっと楽しみながらやってるって顔の方が良いと思うんですけど、余裕がなかったんですよね。

どっちを…2つとか3つ思いついた場合、どっちがどの順番でって思っちゃって、途中も榎並さんに「どうですか?」って訊かれて、「出す順番、間違えたかなって思うんですけど…次の問題に集中します」みたいな。

でも、あの状況で笑いとれる人って本当に凄くて。俺にしたら、オリンピックの体操競技で、これから始めるって人に、「どうですか?これから」って言われて、笑いとれっていうのと一緒なくらいの。頭が違うところにいってて(笑)

俺は余裕がないからね。次あたりから、ちょっとあそこでもちゃんとテレビのバラエティの受け答えしなきゃなって(笑)…いや、「うん、うん」じゃないのよ(笑)


同一カテゴリー記事


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly

タグ : 若林正恭,オードリー,IPPONグランプリ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

本日の注目記事