TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光が語る「AV業界を垣間見た」

伊集院光が語る「AV業界を垣間見た」

2010.09.09 (Thu)
2010年09月06日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、AV業界を垣間見たエピソードを語っていた。話の発端は、伊集院がファミレスで原稿や投稿された番組のハガキ選びをしていたときのことだった。

「そのファミレスが、デカイ出版社2~3軒と、ちょっと離れているんですけど、まぁまぁメジャーなHなDVDの制作会社の人が利用するファミレスなんですよ」

「女の子と打ち合わせをしていたりするんですけど、大手の出版社の人が、マネージャーと一緒じゃなく、直接話していることは少ないんですよ。逆に、大手の出版社に起用される女の子っていうのは、マネージャーもついているし、プロダクションも大きいんですよ。にもかかわらず、大きな出版社の人と二人きりで話しているような子は、それほど立場が強くない子が多いんですよ」

「表紙をやっていたり、カラーグラビアをやっているような子は、そもそも打ち合わせがファミレスじゃないし、マネージャーもついてくるんです。打ち合わせ一つでも、結構な環境を整えて行われると思うんです。だから、女の子とツーショットでいるとき、編集者・出版社の方がエライ感じで話しているんです」

「『なんでそんな話になっちゃうのかな』みたいな感じでね。『そういうところが不真面目だと、もう仕事は出来ないよね』みたいな感じのトーンで話しているワケですよ。そういうときに、だいたい心のなかで、『売れたとき、目に物見せてやる』って心の中で祈ったりするわけです」

「一方、HなDVDの会社の人が、女の子と打ち合わせしている時には、なんでしょうね、女の子の気が変わられちゃ困るから、手を変え品を変え、一生懸命女の子を持ち上げているんです。今や、AVの子も、グラビアの子も、クオリティはそんなに変わらないじゃないですか」

「大手出版社のカラーグラビアに出ているような子の中にも、『えぇ…』って感じの子もいるし。他の才能がスゴイんだと思いますけどね。一方、AVでヒドイ扱いを受けている人の中にも、たとえば、野外ロケでヒドイ蚊に食われちゃっている人の中にも、お綺麗な方もいらっしゃいますから、女性のクオリティで差を見極めることはできないですけど、話している男性社員の様子で、『これはAVだな』とか、『これは大手出版社だな』っていうのがだいたい分かるんですね」

さらに、以下のように語っていた。

「ついこの間も、これは『AVだな』って分かったんですけど、その女の子の顔が見たくてしょうがないんですよね。その子がデビューした後、そのDVDが手に入ったとき、もはや3Dを通り越して4Dな感じになりますよね」

「一部始終を知っているっていう感じが、欲しくてね。ただ、見るって言うことは見られることだからね。だから、見たいけど見られないんです。それで、聞くともなく耳に入ってくる内容で、どんなDVDだか内容を想像しようと思っているワケです」

「『○○ちゃんは、18歳の誕生日がこないと、それまでDVDには出られないからね。パッケージを撮ったりするのも、その誕生日の日からだからね』って話をしていて、『その日付まで、体を綺麗に磨いていてね』とかってトーンで話をしているんです」

「そうなると、発売日がいつぐらいで、18歳の誕生日がそれくらいの人を、あとでネットで調べたらそのDVDを買えるんじゃないかって思って。それで、芸名の話をそれからしていたんです」

「言い方が凄いなって思って。要は、売れてる芸能人の名前に似ている名前にしていれば、間違って買うヤツもいるからってことなんだけど、『自分の好きな、可愛いタレントさんと似たような名前をつければ、姓名判断があるくらいだから、好きな女優さんとかと似てくるから。運命っていうのは、そういうものだから。どんどん、その子と似てくるから』って言うんですよ」

「上手いなぁって思って。さらに、似てもいない芸能人と同じような名前を付けちゃったら売れないから、『誰に似ているって言われる?』って訊いて。『似ている子に、さらに同じような名前をつければ、そのことも相まって、どんどんその有名人と似たような運命になるから』とかって言うんだよ」

「俺も内山くんって名前にしようかって思いましたよ。そしたら、その女の子が『私、上戸彩に似ているっていわれるから、そういう名前にしようかな。そういうこと?』って言ってたんですよ。でも、男の方が『それはそうと…』って言ったんで、あ、コレは似てないんだなって思って」

「そのやりとりがスゲェ面白かったんですよ。それで、だんだん、言ってることが企画モノの話になって。ファミレスでその話をするのは、アリなのかな?っていう話題になって、最終的には『ことによっては、海に突き落とされるけど泳げるかな?』って訊かれてて。海に突き落とされるんだよ?」

「11月くらいに、最終的には4人くらい女の子が出て、1人2人は海に突き落とされるんだって。そういう形のDVDが出るんですって。…買おうと思いますよ」と語っていた。

名前のない女たち―企画AV女優10人の人生
名前のない女たち―企画AV女優10人の人生中村 淳彦

宝島社 2009-03-06
売り上げランキング : 1375

おすすめ平均 star
starお疲れ様でした

Amazonで詳しく見る


【関連記事】
伊集院光「AVマニアの住職に出会う」

芸人・TKOが一線を越えるか迷った「汚れ仕事」

オードリー・春日「過去のAV出演について語る」


関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フォローしていただくと、更新情報をお知らせします
  • follow us in feedly
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の注目記事